はやぶさ/HAYABUSA

HAYABUSA

「成果」

日本人ならば是非とも観ておかねば、ということで映画HAYABUSAを鑑賞してきました。

はやぶさについてはテレビで見たりネットで観たり多少の情報は持っていたのですが、映画で見ても感動しました。

ドキュメンタリーではなく、事実を基にしたエンターテイメント作品だったので、いくつかオリジナル部分もありましたが、JAXAに何度もインタビューして作られただけあり、はやぶさに関わるところはほぼそのままで非常によく出来た作品でした。

はやぶさ自身が度重なる失敗から立ち直ったりしたわけで見所が多く、ほとんど事実にもかかわらず普通の映画以上に次から次へと様々なことが起こるわけですから、映画もテンポもよく進み、観ている方も飽きることなく最後まで観ることができる仕上がりになっていました。

最後にどうなるか知ってはいたものの、だからこそドキュメンタリーとしても楽しむことができ、日本の研究者、技術者がどのようにはやぶさを7年間運用していったのか、どういう人が運用していったのか、エンターテイメントとして楽しみながらも理解できる内容になっていたと思います。

技術者や研究者は元より、是非ともはやぶさの活躍を再確認するべく日本人全員に見て欲しい映画です。

ちなみに、パンフでこの映画が日本の科学技術離れを解決するきっかけになって欲しいと書いてあるのですが、今までずっと減少していた理学系の大学一年生の数が今年僅かながら上昇したというデータがあります。

理系大学一年生学生数推移
学校基本調査より)

必ずしもはやぶさだけによるものではないのかもしれませんが、個人的にははやぶさ効果によるものだと信じたいところです。
以下の感想はネタばれありなので、注意してください。


























それでは、ネタばれありの感想に。

まぁ、とにかく見所いっぱいの映画でしたね。
「打ち上げ」「イトカワ着陸」「通信途絶、そして回復」「カプセル放出、ラストショット」
その全てがクライマックスに相当するシーンなのですが、そんなのが一つの映画でこんなにも用意されているわけですから、次から次へとどんどんやってきて2時間20分という長めの映画にもかかわらず飽きることもなく見続ける作品になっていました。

また、ニコニコ動画からはやぶさを知った身としては「こんなこともあろうかと」という台詞がでたのは嬉しかったです。
ちなみに、これ以外の小ネタとしてはリポビタンDとかも。

イトカワ着陸の際は、管制室のインターネット中継や、ブログによる実況が行われた。2度目の着陸の際、栄養ドリンク「リポビタンD」の空き瓶が管制室の机にどんどん増えていく様子[133]がブログを通して紹介され、日本国外でも話題になった。後にブログの更新担当者のもとには大正製薬関係者からリポビタンDが2カートン贈られたという[134]。
wikipediaより)

他にも、色々とファンには分かる小ネタはあるのかもしれませんが、ニコニコから知ったにわかファンの自分には分かりませんでした。


この映画「HAYABUSA」の特徴としては主役の水沢の存在などオリジナル展開も混ぜてドキュメンタリーとしてだけでなく人間ドラマとしても上手く作っていたことですね。
おそらくこれは「失敗ではなく成果」や「先の見えないことに挑戦すること」といった、技術者、研究者共通の意識をメッセージとして作品にのせるためだと思うのですが、これが見事にはやぶさの満身創痍の旅路と合わさりエンターテイメントとして作品の完成度を上げていたように思えます。

また、専門用語などをあえてどんどん出していったのも結構斬新だったと思います。
本来、映画に観る人は何も事前情報がないため興味がなければ専門用語などは「よく分からないもの」として感じてしまいそのため観ようという気が起きなくなるのですが、はやぶさの場合はある程度の事前情報を持った状態であるため、専門用語を出した方がリアリティが増すということもありどんどん専門用語が出ていました。

専門知識が出てくると、知っている方からするとこういうことなんだと分かりニヤリとできますし、理系やってて良かったと思えます。
はやぶさ効果があるのかは実際のところ分かりませんが、この映画をきっかけに理学系、工学系が増えてくれたらなと思います。


しかし、こんな映画を見てしまうとまた創作意欲が……
宇宙大会用サイコロロボットとか作りたくなってきますね。
もともと、サイコロシリーズは宇宙大会寸法を参考に作っていますし、限られたスペースにモータを仕込むノウハウは出来ているわけですから、後はリアクションホイールとスラスターだけ。
いや、姿勢制御もリアクションホイールでなくすでにある腕や足のサーボを使って……なんて色々とやってみたくなってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR