トランスフォーマー/ダークサイド・ムーンとグリーン・ランタン

グリーン・ランタン


結構見てから時間が経つのですが、感想を書き忘れていたので感想を。

いつもならネタバレありとなしで分けますが、時間も経っていますし、2ついっぺんと言うこともあり最初からネタバレありで。

・トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
トランスフォーマーですが、最終章はIMAX3Dで見てきました。
第1作は普通の劇場で、第2作はIMAX、第3作はIMAX3Dと映画館設備がどんどんグレードアップしていきました。
そして、それに伴い映像のスケールもどんどん上がっていったのが印象的でした。

街一つがロボットに占領されていましたからね。
ビルは破壊されるは、星はワープしてくるわで大迫力でした。

そして、やはり凄かったのはロボットのCG。
見事なまでのリアリティで町中を駆け巡るトランスフォーマー達の様子は相変わらずでした。
ロボットが出ると言うだけでも現実感がないのに、あそこまで自然に映像に出ているととてもCGとは思えないできでした。

後は相変わらずの米軍の活躍ですね。
トランスフォーマーの第2の主役と言っても良い米軍の活躍はさすがで、この人間とロボットの連携で敵を倒していくというのはもはやお約束と言っても良いでしょう。

後は主人公のサムの活躍も。
序盤は就職活動中と言うことでさえない感じのサムですが、数々の閃きで敵の企みを暴き政府からも一目置かれることに……
しかし、それが盗聴されておりあまり活躍したくない状況で褒められまくるサムの様子は面白かったです。

今回印象的だったのは、アポロ計画やチェルノブイリといった史実も交えて物語を展開していったことですね。
実は歴史の裏にはディセプティコンの陰がというのは、トランスフォーマーのどこにでも隠れている場所という特徴だけでなく、歴史にも隠れている時間的要素が追加されていて新たな怖さを追加してきたなと感じました。

またトランスフォーマーで重要なバトルシーンもサムを乗せながら変形しながら敵を倒し、また車に変形しサムが椅子に座るシーンなど変形を上手く利用した戦闘や、ロボット同士の肉弾戦などロボット好きには「おお」と思える演出も多く非常に楽しめた映画でした。

しかし、映画を観たときに自分が就活中でその息抜きにこの映画を観たのですが、その映画の中でもサムが就活中だったため、「ああ、息抜きでも就活からは逃れられないのか」と、サムのシーンは微妙な気持ちで見ることとなりました(笑)



・グリーン・ランタン
王道のスペースヒーロー作品であるグリーン・ランタン。
銀河パトロールと言ったスペースヒーローが好きな方にはオススメです。
アメコミものなのですが、スパイダーマンとかと違いはっきりとした決め台詞というのがあるのが熱くて良かったです。

輝く太陽の下、漆黒の闇の中
いかなる悪も見逃さない
悪を崇めるものよ、我が力を畏れよ
グリーン・ランタンの光を!


特に、迷いから吹っ切れ誓いの言葉で石の力をパワーアップさせ敵の攻撃を跳ね返したシーンなど非常に心熱くなりました。
やっぱり、ああいう決め台詞は重要ですね。

物語の出来も非常に良く、恐れをしらないものが強いということを最初に明示しつつも、しらないのではなく克服する勇気こそが重要なのだと伝え、それをしった恐れをしる主人公がヒーローとして目覚めるところは非常に熱くなりました。

後、スペースヒーローというのがSF好きにはたまらないところでした。
宇宙を2000程度のセクターに分け、それを守るために選ばれた戦士……最初にこの設定が出ただけでもう震えました。

今回は、主人公の話がメインで他の戦士達の様子はほとんどなかったですが、最後には次回をほのめかす映像が出てきたわけですし、個性的な戦士達も多くいたので彼らの活躍にも期待したいところです。

後は、折角緑色の光の演出がきれいなのですから、3DもIMAX3Dに対応して欲しいものです。
それ以外の3Dではどうしても光量が減ってしまいますからね。
折角の光も薄れてしまうのはもったいないと思いました。

ちなみに、グリーン・ランタンは家族と観に行きましたが、緑の色は目に優しくて良いといっていました。
確かに、普通ならヒーローというと赤や黄、青の原色というイメージですが、緑というのは面白い選択肢だなと思いました。
まさか最初から映画化を考えていたとは思えませんが、映像化されたときに柔らかなイメージを持たせた緑の色は意志の力の色としてはぴったりだなと感じました。

ヒーローとしては緑色というと若干「主人公?」という感じで見た印象は駄目かもしれまねんが、誓いの言葉など熱い展開目白押しの映画で予想以上に楽しめた映画でした。
今度は、複数の戦士と手を組んで協力して敵を倒す展開なども期待したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR