トップスコア競技とロボット

ジムカーナ  リレー

最近、乗馬競技の大会の運営の手伝いをしてきたのですが、その中でロボットの競技もつかそうなものがあったのでそれを紹介したいと思います。

ただ、その前に乗馬競技の説明を。
なお、自分は乗馬競技の知識はほとんどないので間違っているかもしれないのでご了承ください。

自分が見たのは馬場と障害の2つの競技なのですが、馬場はフィギュアスケートのように広場で特定の演技をする競技、障害は競馬の障害レースのようにジャンプで障害物を乗り越える競技です。
また、それ以外にもジムカーナといった障害をジャンプする以外に、スラロームや障害2つの間の狭い道を通り抜ける等する競技もあります。
ジムカーナというとロボットの競技でもあるので、ロボット関連こっちの方は聞きおぼえがあるかもしれません。

それではトップスコア競技について。
通常の障害競技は障害を順番にジャンプしていき、もし順番を間違えた場合は違反になるのですが、トップスコア競技にはタイムと障害にそれぞれ得点が付いており、障害に順番がありません。
障害の難易度により得点も変化するため、自分の実力と挑戦する障害の駆け引きが発生してきます。
さらに通常の障害は50~120点ですが、それ以外にジョーカーと呼ばれる他の障害よりも格段に難しい障害を200点として用意してあります。
ただし、このジョーカーのみ失敗すると-200点となるようになっています。
各障害は最大2回まで調整でき、制限時間内により高い得点を取りゴールします。(時間オーバーは減点?)

競技として面白いと感じたのは、行う障害を選手が選択できるという自由度の存在とジョーカーというハイリスクハイリターンの存在ですね。
現時点での二足歩行ロボット競技では障害物競走はあるものの、その障害をポイント制にし選手に選択可能にしてあるものはないですし、ジョーカーの存在も競技として面白いので、二足歩行ロボットにジャンプで障害を乗り越えさせることは難しいため障害の内容は変えないといけないでしょうが、このシステムやルールは活用できるのではないかと思っています。

また、この競技がかなりマイナーなので真似してもばれにくいという利点も(笑)
まぁ、ジャンプ台の代わりにどんな障害物を用意するのかなど具体的な内容はないですが、大会競技に何か目新しいものが欲しいという方は参考にどうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR