ホビーロボットコロッセオ

9月3日と4日にSF大会内で開催されたホビーロボットコロッセオに参加してきました。

参加したのは、
ナガレンジャーファイティングフェスタ
チキチキロボマッチ
バトルトーナメント
チロルチョコロボット大会
ロボサッカー
姫路ロボチャレンジ
YOKAロボ(U1K)

出られる競技はどんどん出ようということで調子に乗ってガンガンエントリーしましたが、
中々、ハードなスケジュールでした。
特に一日目は、6種目に参加でしたから、準備なども含めて昼ご飯を食べる暇もなかったです。

今更ながら、よく故障せず全競技出れたものだと思います。
特にサイコロ一号は予備バッテリー忘れてバッテリー1個でしたから、
競技が連続していた場合充電時間を確保するのが大変でした。

実際、最後にはYOKAロボでバッテリーが膨らんで使用不能に。
その後のロボサッカーはコネクタが共通のサイコログレートのものを使って出たものの、
そのロボサッカーの途中で、サイコロ一号は関節部大破で途中リタイア。
バッテリーもそうでしたが、機体的にも二日間のハードスケジュールは耐えきれなかったようです。

とはいえ、あれだけ多くの競技に参加していたのでは故障も覚悟の上でしたし、
故障したことよりは最後の競技まで持ってくれたということの方が大きいです。


さて、そんな大量エントリーをしてきたホビーロボットコロッセオですが、
今回のサイコロの特徴は外装変化。
ノーマルサイコロ一号
最初はサイコロ

チロルサイコロ一号
次はチロルチョコロボット大会バージョン。
全面チロルチョコの外装で、一番上にはホントにチョコが入っています。

姫路サイコロ一号
そして、最後は姫路城とサイコロ一号の外装が次々と変化。

サイコロは形がシンプルなので、外装変化比較的簡単にできるのがよいですね。

ちなみに、チロルチョコの外装は他の方の外装も様々だったので、あまりインパクトはなかったですが、
最後の姫路城は、お客さんにも楽しんでいただけました。
これしかないとやってみましたが、上手くいって良かったです。
競技の少ない時間に、頑張って外装を変えた甲斐がありましたね。


さて、では参加した競技について書いていきたいと思います。
・開会式
ロボコロッセオ開会式
アマテラスのよる安全祈願からスタート。
かなりの台数が出場しているだけに、集まると壮観です。


・ナガレンジャー
カルタ取り
競技内容はカルタ取り。これははじめてやる競技ですね。
最初はルールを知らずにカルタを読んでいる最中にスタートしてしまうことも……
結構、競技時間が長かったので、予備バッテリーがない状況では、バッテリーの管理が大変でした。
競技結果としてはチームのサポートもありカルタを一枚とることが出来ました。
もう少し活躍したかったところだったのですけど、
後ろに倒れると起き上がれない構造では、大型機の間を果敢に抜けていくことが出来ませんでした。
ただ、チームの仲間と協力してカルタを取りに行くのは楽しかったです。
1機につき2枚しか取れないため、自然とチームワークが重要になるルールが面白かったです。


・チキチキ
コースアウトしたら最初からやり直しの一本橋コースを走る、心を鍛える競技でした。
チキチキロボマッチは最初に参加したことがあるものの、この競技は初めてやりました。
まぁ、歩けるから大丈夫だろうと思っていたらかなり苦戦し、結局ゴールは出来ず。
サイコロの移動速度ではゴールするのは難しそうという感想です。
しかし、小型のサイコロでもコースアウトしたというのに、
他のサイコロより大きな機体がクリアしていたのはさすがでした。
旋回モーションの遅さ、スラローム歩行の実装など移動モーションをもっと強化していきたいです。


・チロルチョコロボット大会
本来は足が4軸のロボットでチョコを運ぶ競技ですが、
今回は普通の二足も2cmメートルの障害物を乗り越えるというハンデありで出場可能ということで出てきました。
ちなみに、外装にチロルのビックサイズをつけてくるとのことなので、サイコロはチロルモードにチェンジ。
チロル大会
見た目、良く分からない物体になりました。
最初スタートして、途中ロボットアームを操作しチョコをロボットに取り付けたカップに補給するということで、
2回目で満杯になったのですが、どうせハンデの障害物は乗り越えられないと思い、
やけくそで満杯の箱にさらにチョコを入れていきました。
まぁ、予想通り動いたら3回目のチョコは全部落ちたのですが……
ハンデの2センチの障害物はダメもとで戦用モーションを作ってきましたが、やはりダメで予想通りゴール出来ず。
ただ、たくさんチロルチョコをゲットできたのは良かったです。
ちなみに、家には外装用に買ったビックチロルのチョコが未だに残っていたりしています。


・ロボサッカー(一日目)
ロボサッカー1
その名の通り、ロボットでやるサッカー。
一日目は12対12という通常のサッカーよりも一人多い状況での競技でした。
とにかく、コートが広かったですね。
そして、ボールが結構転がるので、全然追いつけませんでした。
サイコロでは追いつこうと思っても移動速度が全然なくダメという……
そのため、後半はサイコロ状態でフィールドの障害物と化しました。
ロボサッカー2

ちなみに、ロボサッカーの時には次の姫路城築城のためにサイコロ一号は赤い箱に外装が変更していました。
本当はギリギリまで隠しておくつもりだったのですが、
さすがに連続した競技では外装全面を変えることも出来そうになかったので、
ネタバレ覚悟でサイコロ一号赤い箱verでサッカーに突入。
幸い、あれが姫路城築城のものだと気付いた人はいなかったようで良かったです。


・姫路ロボチャレ
ゴールに赤い箱、青い箱、十二面体を運び、さらにそれを積み上げると最高得点の競技。
サイコロ一号のメインともいってよい競技で、もはや出た時が全ての出オチでした(笑)。
姫路ロボチャレンジ1

姫路ロボチャレンジ2

ゴールまでいって変形することが目的になっていて、箱を運ぶとか何も考えていなかったですからね。
競技の方は、結局箱を運びきれず0点でしたが、ネタを出し切れた以上悔いはありません。
ちなみに競技についてですが、実はルールをあまり知らない状態で突入してました(笑)
走って変形すれば最高得点だろうと思っていたので、それ以外何も考えてなかったという。
なので、まさか2回目があるとも思っておらず、
二度のネタもなく、どうしようかと思いながら競技をやっていたという。
次出る時はちゃんとルールを勉強していきます。
(追記)
競技結果を書き忘れていたので追記。
自分としては、「俺が姫路城だ!!」とゴールまで歩いて変形すればそれで良いだろうと思っていたのですが、
やはり何か運ばないとダメということで最初は正12面体の天守閣を選択。
しかし、結構細かい操作が移動モーションが適当なサイコロ一号には難しく天守閣がコースアウトし失敗。
ただ、それでもサイコロ一号はゴールまで歩き姫路城に変形。
予定通り全てを出し切りました。
まぁ、ネタも出し切りこれで終わりと思ったら、
前述したように2度目があってどうしようということになったのですが……
ちなみに、自分はサイコロ一号が変形した姫路城はやはり得点に含まれないと思ってやっていたのですが、
ちゃんと運びきっていたら、もしかしたら得点になっていたのでしょうか……
まぁ、そこでコースアウトしてオチを用意するのがサイコロ一号なのかもしれません。


というわけで、以上が一日目の競技でしたが、
自分が出ていない競技なのかでも特に面白かったのはSHRBですね。
SHRBザクVSガンダム

サンライズ作品のロボットをモチーフにしたロボットが出てくる大会で、
バトルよりもそのパフォーマンスとコメントが楽しかったです。
特にカップヌードルとガンダムの組み合わせはタイムリーで非常に素晴らしかったです。

ガンダム&カップヌードル

自分も勇者シリーズの変形ロボでも出して、出場したいなぁと思いつつも、
ロボットを運用できる資金がないため、出られるのは当分先になりそうです。

さて、次の二日目は競技の数も少なく、また外装を変える必要もなかったので、のんびりと競技に参加しました。


・YOKAロボ
1キロ以下級のロボットによるバトルU1Kは西軍と東軍に分かれてのバトルを行いました。
YOKAロボ1

YOKAロボ2

YOKAロボ3

ちょうど、自分の相手と相対するように並んでいます。
サイコロ一号の相手はL-ZAK。
歩行がチロルチョコロボットタイプで重心が低く倒すことは難しく、苦戦。
また、こちらもサッカーフィールド用に足裏を大きくしていたので、
殴り合いをするもののどちらも倒れることなく結果は引き分けでした。。
やけになって、パンチ連続で押し出そうとも思いましたが、軽いサイコロではあまり意味がなかったようです。
ただ、パンチ連続で「パパパパパパパパパ~ンチ」としゃべっていたのは子供受けが良かったようですね。
自分のバトルは引き分けだったのですが、他の方が勝ってくれたおかげで結果としては東軍の勝利でした。
個人的には審判がしっかりと審判をしていたのが印象深かったです。
競技の説明もしっかりしていて分かりやすかったですし、やはりバトルでの審判は重要ですね。


・ロボサッカー(二日目)
そして、最後は二日目のロボサッカー
移動モーションを変えたことでスピードもアップしたため、
ボールを追いかけ走り回ることが出来たのは楽しかったです。
ただ、小型機ではスピードにも限界があり結局触れたのは1回だけというのが悲しかったですね。
もういっそのことサッカーボール型のロボットを作ってしまおうか……
そういえば、ミャノイが休憩時間にチアで踊っていたのですが、
グレートも持ってきていながら、アピールできなかったのが少々もったいなかったです。


以上で、参加競技は全てです。
ちなみに、この後できんのか!があったのですが、
SF大会でソラトロボの世界観について講演があったので、ちょっと抜けてみてきました。
閉会式までの時間もあり、全部は見られませんでしたが、海外展開や設定に関する話が聞けて面白かったです。
散在さんが買っていた公式ファンブックを時間がなく買うことができなかったのが少々残念でした。


さて、最後は閉会式。

賞品の授与もあり、カンバッチの所有数順に受賞者が前に。
自分もU1Kで東西戦で勝利した東軍にいたためカンバッチは一つあったのですが、
かすが少ないですし賞品はもらえないなと思っていたら、思ったよりも複数所持者が少なかったらしく、
じゃんけんで勝てて何故か賞品をゲット。

ロボコロッセオ賞品
シャーロットはガラスの靴の夢を見るか
表紙から女性向けだろうと思っていたら、AMAZONでは男性向けと書かれていました。
元ネタについては実は読んだことはなかったりします。

ちなみに、賞品はサイン本と書いてるのに、
表紙や最終ページにサインがなかったためサインがないと最初は勘違いしていました。
ただ、後になって確認したところカラーページの次のページにサインを確認。
れっきとしたサイン本でした。

そして、賞品の授与も終わり、最後は記念撮影。
ロボコロッセオ閉会式

すでに帰った人やロボットを片付けた人もおり、開会式に比べるとロボットが少なめです。
ガル―の後ろの3票の意味はコチラをどうぞ。
やっぱり、人気投票はロボットのポスターを作った方が良いのでしょうね。
例えば、ニソコンのポスターとかニソコンのポスターとか……
ニソコンのポスターは版権フリーなので、皆さんどうぞご自由にお使い下さい。


最後、少々ニソコンの宣伝に走ってしまいましたが、ホビーロボットコロッセオの内容はこれで以上です。
多くの競技に参加できた濃厚な二日間で非常に楽しめました。
色々な競技に出れるというのも良いですが、
普段は会えない方々とお会いしたり、普段は見られない様々なロボットを見られるのは、
新たなロボットのアイディアも出てきますし非常にためになりました。

二度目があるかどうかはまだ分かりませんが、あるとしたらまた参加してみたい大会です。

それでは、いしかわさんをはじめ運営、スタッフの方々、楽しい大会どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR