ブレイクブレイド「覚醒ノ刻」

まるで、壊れた刃……ブレイクブレイドだね

ブレイクブレイドパンフ        プレスガン         無料アスキー



というわけで、観てきましたブレイクブレイド劇場版第一話「覚醒ノ刻」
ちなみに一番上の文章は、ブログに書くなら是非とも書けと一緒にいった友人から言われたので、止む無く書きました。
こういうことやると、今後映画の感想書くときに色々と大変になりキツイのでたぶん今回だけかと思います。
なお、写真の一番左は秋葉原で配っているフリーペーパーです。
映画の会が夜遅くということもあって、暇つぶしに秋葉原に行ったのですが、運良ければ手に入るかな~と思っていたら、パソコンを見に入ったソフマップで普通に見つけることができました。
フリーペーパーの配布場所とか知らなかったので見つけることが出来るのか少々不安でしたが、日ごろの行いが良いのかすぐに見つかり良かったです。

さて、ブレイクブレイドについてですが、ニソコン開催の元となったアクトオンと同じ雑誌(正確にはWEBコミック)に掲載されている作品です。そんなわけで、アクトオンと共に最初から見続けていたわけですが、それがとうとう劇場アニメ化ということで中々感慨深いものがあります。
というか、アクトオンの劇場版はまだですか?ブラックリスターのように実写とCGで原作の大技を再現してくれるのを是非とも希望します。

アクトオンの話になってちょっと話題がずれましたが、ブレイクブレイドの劇場版の話に戻ります。
自分が観に行ったのは5月30日の夜21:30の会で、開演前に声優さんたちの舞台挨拶がありました。
こういう舞台挨拶が見れるのは東京近辺に住んでいる者の強みですね。
ちなみに実を言うと、6月6日の方の舞台挨拶にはメカデザイナーの方が来るというので本当はそっちの方を行きたかったのですが、6月5日、6日はニソコンとROBOTWARSがあるので無理ということで5月30日に観に行くことにしました。
まぁ、さらに言うと本当は初日の5月29日が一番良かったのですが、買ったときにはすでに売り切れていて2日目の21:30しかありませんでした。
というわけで、第2希望の日程と配役だった舞台挨拶なのですが、そんなこと気にしなくて良いほど非常に面白い話を色々と聞けました。
今回は開演前に舞台挨拶があったそうですが、開演前に舞台挨拶があるのは中々良いですね。
劇場で観るのと、自宅でDVDを観るのとの違いは他の観客との一体感なんでしょうが、それが舞台挨拶のおかげで上手く引き出され、盛り上がった状態のまま映画に突入出来、映画の入り方としてはベストともいえる状態でした。
後、同じ作品を好きだという方が同じ空間に集まっているというのは、例えお互いが一言もしゃべらなかったとしても、それだけでちょっと嬉しいという……これも、劇場ならではですね。


なにか前置きが長くなってしまいましたが、それではブレイクブレイドの映画のネタばれなしの感想を。
ネタばれありは続きからを見てください。

兎に角、非常に上手く作ってあり面白かったです。
ブレイクブレイドを全く知らない友人も一緒に連れて行ったのですが、ちゃんと独特な世界観を理解できたとのことで、劇場版しか見ていない人でも分かるように上手く原作をまとめつつ、原作を見ている人も細かい演出や迫力ある映像で満足できる作品になっていました。
特に戦闘シーンなどは静止画である漫画と比べると、動きのあるアニメは躍動感があり、やっぱりロボットはアニメだなと感じるところでした。
自分がロボットを作っている人間ということもあり、人間模様よりはその独特な世界観から作られるロボット(ゴゥレム)の方に注意が行ったのですが、原作のほうでも細かい設定が決められていることもあって、動きや演出の一つ一つがしっかりと考えられていて楽しめました。
後はとにかく、絵がきれいでしたね。映画の大画面でも見劣りすることのない作画はさすが劇場版という感じでした。

このブレイクブレイドは1ヶ月ごとに連続公開する全6部構成というもので次回の公開は6月26日。
エヴァンゲリオンのように数年置きではないのはありがたいものの、個人的には2カ月おきの全3部にして欲しかったというところはあります。
資金的にもそうですが、一時間だとちょっと短いと言うこともあって映画を観ているときどこで終わってしまうのだろうとドキドキしてしまうのですよね。
まぁ、とはいえここらへんはロボコンマガジン2010年3月号で新たな試みということも言っていますし、全6部に分けたことによる良さというものも今後見ていこうかなというところです。
とにかく後5回ということで、観れるのならばなんとか全話観ていきたいです。

ちなみに話は変わりますが、映画館で食べるものというと自分はポップコーンではなくチュリトスなのですけど、今回のシネマサンシャイン池袋になくて残念でした。
というか、ほとんどの映画館にないですよね。
もうちょっと販売している映画館が増えて欲しいものです。


(以下ネタばれありの感想です。ご注意を)







以下の感想はネタばれありなので、注意してください。
























というわけで、ネタばれありの感想。

とにかく、ロボット関連の演出が良かったです。
ゴゥレムの動きは鈍重で非常に重量感がありましたし、そのおかげで跳躍補正装置のついたエルテーミスの素早さが際立っていました。
そして、ダメージ表現が通常のロボットと違い、装甲が凹むのではなく欠けるというのも良かったです。
元々、人間の人力で動かしているようなものということもあり、レーダーとかスーパーテクノロジーもなく非常に泥臭いロボットバトルが楽しめるのがこのブレイクブレイドという作品なのですが、そういう装甲や武器が欠ける演出が何度もあり、剣がぶつかるだけで欠けるなどの演出は非常にリアリティがありました。

後は原作にない細かい映像なども楽しめました。
映画ということで、いくつかの部分は原作から端折られていたりするのですが、その一方でデルフィングのカーゴトレーラーによる回収の様子や、石英靭帯の動く様子、プレスガンの発射機構等、原作ではなかったところが上手くプラスされ、原作では構造や様子が分からなかったところが見れてよかったです。
その他、ゴゥレムが破壊されたときの装甲の内部が石英の色だったり、破壊された部分から石英靭帯がちょっと出ていたり、プレスガンの弾丸をグラインダーで研磨する整備の様子など、そういう世界観につながる細かい描写をしっかりとやっていて原作を読んでストーリーを知っていながらも細かい演出が色々と楽しめました。

そして何よりも一番なのは、メインともいえるデルフィングの登場シーンですね。
あそこの主人公がわけの分からないまま文字の羅列が進んでいって、そしてデルフィングが飛び出し、石英を割って飛び出すという一連の流れは原作でも読んでいるとはいえ、動きのあるアニメで観ると音楽の相乗効果もあり一味違って見えました。
第2作目を観に行くとフィルムが貰えるということで、個人的にはデルフィングが空中で石英を弾き飛ばすシーンが是非とも当たって欲しいです。

というわけで、なんか細かい演出のことばかり話してしまいましたが、世界観や設定がしっかりしていて、それを演出がしっかり活かしきれているのが良かったです。
ちなみに、デルフィングと他のゴゥレムでは実は鉄と石英ということでちょっと音が違うという話を聞いていたのですが、残念ながら自分の耳では判別できませんでした。

その他、劇場の話ではありますが、皆さん基本的にマナーが良かったです。
今回、映画の最後にバーコードが出て、それを読み取ると待ち受けボイスがゲットできるという企画があったのですが、だからといって映画の最中はちゃんと皆さん携帯の電源を切っていましたし、映画の最中に話す人もおらず集中して映画を見ることができました。
まぁ、当たり前といえば当たり前のマナーではありますが、舞台挨拶などで盛り上がるところは盛り上がり、映画上映中など静かにするところは静かにするなどメリハリをつけることは大切ですよね。

ちなみに、この待ち受けボイスですが、ランダムに4種ゲットとなっていたもののURL入れなおすと他のものもゲット出来、良いのかな?と思いました。
まぁ、回数一回だけと言うことも書いてないですし、そういうことを想定してのキャンペーンなのかもしれませんが。(同じ映画を着ボイスだけのために4回も見なければいけないのはちょっとひどいと思うので)
もしかして、一回だけの完全ランダムを想定していたとしたら、マナーが大切ですよねと言いながらマナー違反のことをしてしまい申し訳ないです。


というわけで、何か非常に長くなってしまいましたがとにかく細かい演出まで非常に楽しむことが出来ました。
まぁ、実を言うと世界観や設定のことなど書きたいことは色々とあるのですが、どうせ1ヵ月後また観るでしょうし、その辺りの話はまたその時にでもしたいと思います。
ちなみに、今回の一番の収穫は一緒に言った友人がホズルかっこいいなと言い、見事に布教活動成功したことですかね。
自分としても今後のホズルの活躍に期待したいです。ホズルは「俺は抗えん」と言っていますが、是非とも運命に抗って欲しいものです。



では、長い感想となってしまいましたが、最後まで読んでくださりどうもありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR