CEATEC 2010に行ってきました。

前回、次はブラックリスターの感想と言っていたのですが、急遽行ってみたくなりCEATEC 2010を見に行ったのでそちらの話を。
ブラックリスターは公開最終日に行く予定。絶対に見逃すわけにはいきませんからね。

さて、CEATEC 2010ですが、最終日+無料ということで中々混んでいましたが、そのおかげで道に迷うこともなく幕張メッセに到着出来て助かりました。
雨が降ってはいましたが、幕張メッセまでの道のほとんどには屋根があったのでありがたかったです。
ちなみに、自分が到着した時にはすでに15:30と1時間半程度しか残り時間がなかったので、ざっと見ることしか出来ませんでしたが、それでも非常に楽しむことができました。


EPORO
CEATEC 2010で最初に見たロボット(?)の日産のEPORO
行ったときにはステージが終了しており、動いているのが見れなくて残念でした。
非接触充電器はdocomoでも展示されているのを見ましたが、効率とかはどのくらいになっているのか気になるところ。

libretto発見  名刺読み取りロボ

東芝では見かけましたが、まさかKDDIブースでマイPCのlibrettoを見かけるとは……というわけで、思わず撮影。
急いで撮影したので画質が悪いのはご了承を。
右側は名刺読み取り用のロボットのようです。腰の軸しか動きませんが、一応ロボットということで撮影。

ちなみに、KDDIの近くにWimaxのブースもあり色々と宣伝していました。
自分のlibrettoで調べたら電波がかなり良かったので、いじわるに今回の展示用に臨時アンテナ立てたのですか?と訊いてみたら、どうやら幕張メッセなどのイベント会場の一部には電波対策で専用にアンテナを立てているところがあるとのこと。
というわけで、イベント後も電波状況は良いですよとの回答を頂きました。
臨時アンテナと思っていたのでちょっと驚きです。

NECパぺロ
NECのPaPeRo、血圧測定機や体重計とリンクして色々と出来るとのこと。
今後のロボットはやはり介護現場などの福祉への導入が一番の市場っぽいです。

Bluetoothユニット
最近はBluetoothにも詳しくなりたいなぁと思っているので思わず撮影。
安い、Bluetooth送受信回路が出てくれるとありがたいところです。
値段を聞きたかったのですが、人がいなかったので値段は分かりませんでした。

石川光学造形研究所
石川光学造形研究所の空間ディスプレイ。
原理的には凹面鏡を重ねたボルマトリクスみたいなものかと思うのですが、正面から見ると炎が浮き上がっているように見えます。
今回の展示では3Dモニターを多く見ましたが、東芝のグラスレス3D以外は眼鏡が必要ということもあり、眼鏡を使わずに立体が見られるこれは結構人を集めていました。
なお、東芝のグラスレス3Dのブースは自分が行ったときには人が多く入場規制で見られず。まぁ、いずれ普通に電気量販店で見れるでしょうから特に問題はないです。

パナソニック車
Panasonicのブースで見つけた車の内部。
まぁ、未来の車というとこんな感じになるのでしょうかね。
移動時間中もちょっとしたPCの作業ができそうです。

超短距離投影プロジェクター プロジェクター ホワイトボード型ディスプレイ
日立の電子黒板。
超短距離プロジェクターとセンサーバーを組み合わせたもの。
さすがにディスプレイ全面を感圧式や静電式タッチパネルにするというわけではないようです。
後ろから投影するタイプのホワイトボード型ディスプレイ、小型化と色々と進化しているとのこと。
ヨーロッパでは注文が結構来ているという話もしていました。やっぱり、フィンランドとかの注文が多いのでしょうか……
個人的には、近未来という感じで導入して欲しいところですが、日本ではどうなるか。

富士通クマ型ロボ
富士通のクマ型コミュニケーションロボ。
触ると反応するなどパロの二番煎じっぽいところもありますが、カメラを搭載しており顔認識出来るところが違いでしょうか。
こちらもPaPeRoと同様に、福祉への導入を目指している感じです。

恐竜型ロボ
多分ALPSのブースだと思うのですが、そこで見つけた恐竜型ロボ。
ちなみに、このロボットを作ったのですか、と質問してみましたが、作ったわけではなく操縦系のタッチパネルを作ったのがこの会社ということで展示していたとのこと。
結構大きいロボットということもあり、子どもが前で写真を撮っていました。
分かりやすいほどの客寄せパンダではありますが、こういう場所でのロボットの人気はさすがですね。

無線通信モジュール 60GHzカメラ
村田製作所のムラタセイサク君はステージ終了していて見られなかったので、その代わりにロボットに乗せられるような無線カメラ目的に無線技術関連を見てきました。
60GHz帯域の無線があったとは初めて知りました。
Bluetoothでは小さな画像しか送れませんが、この帯域ならば高画質でも送れるとのことで、出来るだけ安く商品化してくれることを期待したいところです。


全体的な感想ついては3Dテレビやタブレット…特にAndroidタブレットをよく見かけた気がしました。
3Dテレビはともかくユビキタス社会と電子書籍でタブレットは今後伸びてきそうではありますし、iPadへの対抗という意味でも結構力を入れているのだなと感じました。
まぁ、librettoを持っている自分には数年は縁のない話ではありますが(笑)
やっぱり、PCにはWindowsが入ってないとだめです。

個人的に気になったのは、モーションでPCに指示を出したりするタッチパネルに代わるインターフェース。
腕を横にやるだけで写真をスライドさせたりと、中々面白そうでした。
個人用にはちょっと動きが大きすぎな部分はありますが、エンターテイメントやWiiみたいな関連で使いどころがありそうです。まぁ、ゲーム関連ではWiiやXbox360のKINECTなどすでに先んじているものがあるので、主に使うとしたらエンターテイメントでしょうかね。

それとdocomoだと思うのですが、3Dとセンサー、磁力を組み合わせて、ペンが3Dで浮き上がった物体に触ると、磁力により反力が発生し本来はない物体に疑似的に触れるという装置が興味深かったです。
自分のlibrettoはキーボードを使うと振動でフィードバックが返ってくるのですが、それと同様3D立体映像にフィードバックを持たせるというのは中々面白いアイディアだなと思います。
タッチパネルでもそうですが、押したときに視覚以外のなんらかのフィードバックというのは結構重要でしょうし、今後はタブレットの発展に伴い、そういった技術もどんどんと現れてくることを期待したいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR