できんのか!6観戦

できんのか!6を観てきました……が、その前に告知を。

11月20日ニソコンmini開催(予定)!!

過去の活動日誌でROBOTWARSが11月20日開催と書いてあり、同時開催のニソコンminiも11月20日だろうと推測し告知。
詳しい内容はいずれ活動日誌で更新されると思うのでそちらを参考にして下さい。


できんのか!6

さて、9月25日にできんのか!6を観てきました。
今回初めてできんのか!を観たわけですが、楽しめました。
特にキノピーがどうやってロボスポに現れるのかと気になっていましたが、まさかあんな方法だとは……予想外にも程がありました。
その他、リストバンドもゲット。ちゃんと合言葉も言いましたよ。なんか、くままさんがBLうんたらかんたら喜んでいましたが……(笑)

では、それぞれの試合の感想をざっと書いていきます。

・「できんのか!」VS「大北京プロレス」
今回ちょっと遅刻してきたのでこの試合から見てきました。
途中から入ってきたこともあり、くまたろうが審判に蹴っていたりしてヒールなのか立ち位置が良く分りませんでしたね。
イメージ的にパンダが殴りこみにきた=ヒールというイメージだったのですけど、あの試合はどっちがヒールだったのか・・・・・・
また、地雷爆破デスマッチは音だけで視覚的に分かりづらい感じがあったので金網でもあった方がよかったかなと思いました。

・KONDO時間差バトルロイヤル
ヴァンガってFUTABA製だと思っていたのですが、出ても大丈夫だったんですかね。
コントロールボードがKONDOならばOKということでしょうか。
バトルの方は次々とロボットが出てきて楽しめました。
特に多脚の出オチ具合は面白かったです。
一緒に戦わせると走破性の関係で多脚の勝利かなと思いましたが、ステージのグリップと大きさの関係でああいう結果になるものなんですね。
ちなみに、優勝したおぼっちゃまくんですが、あれを見た時、昔かわロボに二足歩行ロボットを載せて騎馬戦やろう!とやっていたのを思い出しました。
騎馬ロボ

・キノピーVSキョンキョン仮面
これはもうアイディアとそれを実現したキョンキョン仮面が素晴らしいです。素晴らしすぎて人気投票は迷わずキノピーに入れてきましたよ。
この試合を見て、ロボットプロレスをやるならやっぱりダメージモーションを仕込んでいないと駄目なんだなと思いました。
しかし、キノピーエクスプロージョンは恐ろしい。なんかキノコ雲が見えたのも気のせいではないはずです。
今後、キノピーが戦う場合には核シェルター並の強度の会場が必要ですね(笑)
ちなみに、解説でキノピーを説明するときにヴィストンといいかけて止めるところがツボでした。

・ナガレゴールドVSサンダーボルト
煽り映像に両方のオペレーターが出たということでは映像の完成度が高かったですね。
パネルはまたパネルかというのはありましたが、逆にいえばパネルを定着させていたともいえるのでこういうのは重要です。
タメのある時報と違いパネルは結構ずるいので、それをずるいと思わせないために事前に浸透させておく必要があったということでしょう。
今後はこのパネルやぶりをどうするかがサンダーボルトの課題ですね。
個人的には前の試合で敗れたロボットをゾンビみたいな感じで復活させるとかそういう魔術的なことに期待したいところです。
ちなみに、今回時報は初体験。
会場がまさに一体化するのは素晴らしいものの、ずっこけるため相手の倒れた瞬間が見れないのが欠点ですね。
まさに試合の決着がついた決定的瞬間を見逃してしまうという……
まぁ、そういう技なので仕方ないところです。

・審判
ファントムの審判の動きは良かったです。
実を言うとプロレスを観に行ったことはないのですが、らしい動きだったと思いますし、審判ロボットの存在は普通の競技大会との差別化も出来ていて良かったと思います。
ただ、審判というのを分かりやすくするために今後は審判用の服を用意するなどすると良いかなと思いました。

・全体
全体的な感想は、内輪ネタが多かったので大衆向けと言うには難しいところですけど、それでもエンターテイメントとしての完成度は高かったように感じます。自分は楽しめましたから。
今後大衆向けにするために、ロボスポットではKONDO製以外のサーボは使えないといったロボットプロレスならではの『お約束』の敷居を下げるのが必須でしょうか。
この辺りは煽り映像の出来などで頑張っていくしかないでしょうかね。
とにかく、まだ内輪向け感がぬぐえないので、まずは専門知識がない人でも楽しめるようにするというのが一番重要かと思いました。
・・・・・・しかし、そう考えると、以前ビックサイトで行われたキングカイザーVSプロレスラーは良く出来ていたんだなと思いますね。
ロボットの何が特別なのかと観客に伝えるのに分かりやすく「お金」を利用したわけですから。
がめつい話にはなりますが、それでもお金という万人に理解できるもので説明をすることは結構有効だったのだなぁと思いました。



というわけで、ざっと感想を述べてみました。
映画の感想は後で見返した時に良いことだけを思い出せるよう意図的に良かったところだけしか感想にしないようにしているのですが、今回のロボプロはツッコミ多めの感想。
今後の発展を祈って……というわけではなく、あら探しする性格の悪さが出ているだけです。(笑)

ちなみに、ロボスポに行ったら後輩がいて驚きました。
皆やる気があり良いことです。
次は、観戦ではなく参加の方で後輩たちに出会いたいものです。
次の大会予定は一番近いものだと法政大学ですかね。
その後はまだ告知されてないですが、早稲田とかもありそうですし、ニソコンmini含め下手すると週おきぐらいで大会がありそうなので、次の練習会までにハードの改修をしてモーションを強化していきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR