FC2ブログ

ニソコン審判に行ってきました。

毎度恒例の月一更新。

前回のquestの話をしていましたが、それは無事に届きました。
アバターについては……まぁ、ちょくちょくと進めていきます。

では、本題に。
6月はニソコンの審判に行ってきました。



いつもは参加する方なのですが、今回は運営側に。
認定大会では公認レフリーが必要なのでその役目ですね。
このニソコンの審判をするために、4月に神岡まで行ったわけです。

そんなわけでニソコン。
ぶっちゃけ、出場する機体も事前に分からなかったため、どうせ10台以下だろうなんて思っていたら、20台ぐらい出場しておりびっくりしました。
さすが、認定権パワー。
皆さん、出場ありがとうございます。


さて、今回ニソコンで審判する際に、特別ルールとして以下のルールを設けました。

・リングアウトは両足が出た場合のみ

このルールについては、ニソコンは地面にリングを置くため、片足が出ても、もしかしたら復帰できるという状態があり、また、観客から見ると、少し足が出ただけでダウンとなるのは分かりにくいのではと考え、足が全部リングの外に出たなど完全に外に出たときにリングアウトにするとしました。
まぁ、ランブルとかのリングアウトと同じ感じですね。
ニソコンのリングは、ロボワン本戦に比べ狭いですから、少しでも動ける範囲を大きくという意図もあり、こんなルールにしました。
戻れるか戻れないかで、結構面白い場面も出てきたと思いますし、悪いルールではなかったと思います。

ちなみに、ニソコン開催の数日前に35回大会ルールが公開されたため、どっちでやるのかという意見がありましたが、ニソコンのHPで34回大会のルールで行うと書かれていたため、上記の特別ルールを除けば、34回大会ルールを適用しました。
35回ルールでは前転キックは1ダウンですが、ニソコンでは2ダウン判定されていたのも34回ルール適用だったからですね。
とはいえ、大技の判定は審査員の杉浦さんが行うので、自分はあくまでその判定を告げるだけだったのですけど。

というわけで、多少自分色も出しつつ審判をやっていきました。
今回初の公認大会審判でしたが、なんとかやりきれてよかったです。
今後、数をこなして判断スピードと安定性をあげていきたいものです。


さて、審判についてはこの程度でニソコンについて。

ニソコンはみらい研究室というイベントと一緒に行われるのですけど、
大体、理科大の外でイベントをやるのですが、今回は理科大のホールでの開催。
はたして、理科大に一般人のお客さんが来るのかと当初は不安になったものの、なんか地元住民に受け入れられているのか、はたまたイベントの固定ファンがいるのか、結構な方々が来ていました。
イベント全体の集客は上々で、ニソコンにもお子さんたちが見てきてくれて盛り上がっていました。

とはいえ、盛り上がっていたのはMCの存在が一番かなと思います。
なんで、こんな社交性がある人がニソコンの運営にいるの!? って感じで、わざわざ各ロボットを調べてきていたりと、それらの準備もあってか、非常に良い司会でした。

学生イベントというのは、団体が行っているので、イベントを継続させるという一点では個人のイベントよりもすぐれているのですが、イベントの質という点では、その時にイベントを行う人材の質に左右されることもあり、中々質が安定しないという問題があります。
そんな中、今回のニソコンは、「近年で一番の出来」といった感じで非常に良かったです。
今後も、この調子で良いイベントにしていっていただきたいなと思います。
(ちなみに、ニソコン全部観戦しているわけではないので、あくまで個人の感想です)


というわけで、参加者の皆さん、運営の皆さんお疲れさまです、そして、ありがとうございます。
なんとか、マシなジャッジができるよう頑張りますので、今後とも生あたたく見守っていてください。


(追伸)
控室が大会会場から遠い+天気が怪しい、という状況だったため、大会後にロボットが濡れないように、ゴミ袋のような袋にロボットを入れて控室に移動する姿は中々面白い絵面でした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR