コミティア123に参加

2/11に開催されたコミティアに参加してきました。

コミティア123ブース

自分は一応オリジナルSFジャンルなので、オリジナルオンリーのコミティアの方が活動場所としては良いのかもしれませんが、中々コミケ以外に応募する機会と度胸がなく、ようやく今回初参加となりました。

一般参加としては、一度行ったこともあるのですけど、サークルとしての参加は初です。
個人的には、イベント毎は見るよりもやる方が好きなので、今後も新作を作ってコミティアに参加できると良いです。

さて、一応本を持って行ったものの、コミケよりも売り上げは振るわず。
そもそもコミケでもそんなに捌けないので、覚悟はしていましたから問題なしです。

今回、モバイルプロジェクターとリアスクリーンの組み合わせでデジタルサイネージ的なことができないかと思ったのですが、輝度が足りず残念ながら実用には足りませんでした。


暗めの会場なら良いでしょうが、技術系イベントと違い暗室の用意されていない同人イベントでは活用するのは難しそうです。

他の方のブースについては、あまり会場を見る暇はなかったものの、やはりオリジナルオンリーということで、創作力に溢れており意欲が刺激されました。
数は少ないですが戦利品はこんな感じ。


PLANETPLANT
コミティア123戦利品1

コミティア123戦利品2

ロボットもののマンガと設定集(上)と複数作家のSF短編をまとめた作品集(下)。
作品集の方は、それぞれの作品の完成度が素晴らしくレベルの高さを感じました。
また、それぞれの内容も短いながらもしっかりとSFしており面白かったです。

設定集のガロファクZEROは女の子が2.5~3mのサイズのロボットに乗る話。
学校の部活動でロボットに乗る感じでしょうか。
ロボホンサイズの小型インターフェースにより普段からロボットを過ごすあたりはAIと人間との交流も感じさせて設定的には好きですね。
ロボットと人間の信頼感でロボットの性能をギリギリまで引き出せるようになるのです。
ただ、ロボットを乗る時制服そのままだと安全性とか不安なところがありますし、公式の試合ではヘルメットとかちゃんとつけてるみたいな設定があるといいかなと思いました。


C/Fe(twitter:@ganzycfe
コミティア123戦利品3
勇者シリーズが大好きな人間としては表紙を見て購入決定してしまいました。
内容も、Fusion360で作られたロボットの紹介と、趣味でロボットを作っている人間にとっては買って良かったなと思える本でした。
Fusion360は基本的にCADという設計ソフトなので、3Dプリンタでも使えるデータ形式が出来上がります。
そんなわけで、会場では実際に出力したものも展示されていました。
自分もロボットを作っているので、3Dプリント関連で「DMMのナイロンプリントはなぜかサポート材が着いてこなくて剥がす必要なく楽です」みたいな話でついつい盛り上がってしまいました。
本の内容はデザインと作ったロボットのギミックをざっと紹介するもの。
そのまま立体化できるようなデザインは玩具デザインにもつながり、ものづくり界隈の人にも興味のある方はいそうだなと思いました。
とりあえず、変形合体は正義ということで、変形合体するロボットのデザインや設計を今後も続けていってほしいです。


というわけで、戦利品はこんな感じ。
オリジナル作品は作者の創作したいものがそのままあふれ出ているようなものですから、会場に行くと色々と刺激を受けますね。
目移りするほどのオリジナル作品の山というのは、感動します。
自分も今後も創作をどんどんとやっていきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR