コミティア114に行ってきました

結構時間が経ってますが、11月にコミティア114に行ってきました。
夏のコミケに出展したのですが、ジャンル的にオリジナルなのでコミティアにも出れるのではということで、下見みたいな感じですね。

行った時間が遅かったので、あまり回れませんでしたが、ロボット、SFものを目的にざっと見ていきました。

手に入れたものについては続きの方に。
設定資料集とかをメインに買ったので、ネタバレもあまりないのですが、あまりネタバレとかを気にせず感想書くので、ネタバレが嫌な方はタイトルと写真を眺めると良いかと思います。

架空世界広告社(pixiv:3052947、twitter:bluemeteorite
Cybernetics_TYPE_ONE
Cybernetics TYPE ONE

火星のレベッカFragment3
火星のレベッカ Fragment3

アンドロイド関連の設定資料集ですね。
最初のCybernetics TYPE ONEは家庭用のアンドロイドに関するパンフレットという形式で作られていました。
次の火星のレベッカの方は、火星開拓アンドロイドについて設定資料集みたいな感じでした。
オリジナルメカものということで購入させていただきましたが、結構いたるところに設定関連のこだわりが見えて面白いですね。
関節関連の設定が結構細かく考えられているようで、火星のレベッカでは、スカート状の外装は柔軟素材にして関節をカバーしているといったの設定があったり、極地での運用を考えた機体は関節部分の遮蔽性能を高くしたなどなど色々と関節関連の設定が見ていて面白かったです。
Cybernetics TYPE ONEの方でも、靴は負荷の少ないモカシンが良いよと説明があるなど、こちらも関節関連に配慮した設定が書かれていました。
しかし、モカシンとか初めて知りましたね。
スキンケアや化粧関連の設定も結構細かく、作者は女性の方かなと思っていましたがpixiv見ると男性の方のようです。
やはり、アンドロイドとかそっち方面に行くならファッションや化粧の知識も必須ということなのでしょう。
みさいるさんの初音ミク動画見ても思いましたが、人肌ゲルとかウィッグとかアンドロイドに手を出すと機械工学の他ホント色々な知識がいるなと思います。
まぁ、だからこそ面白いというものなのでしょう。
そういえば、みさいるさんの初音ミクと同じくこちらの設定資料集のアンドロイドも頭に排熱用の通風口がありました。
耳元に通風口を用意し、ワンポイントデザインとして見せることで違和感のあまりない配置になっているのは良くできているなと思いました。
通風口ですから、隠してはダメという理由も立ち、だからこそ外に出し人とは違うということを表すデザインとして生かされている感じです。
全体を見ても、しっかりと設定が細かく考えられているように見えて、設定好きとしては読んでいて楽しかったです。



かなむぐら(pixiv:292454、twitter:junkst
メイグラント設定資料集
メイグラント設定資料集

メイグラントep1
メイグラントep1

オリジナルロボットの設定資料集と漫画ですね。
オリジナルメカ設定集というのならば、SFロボット設定大好き人間としては買わずにはいられません。
設定としては、一度世界が滅びて、文明が中世レベルになった世の中に存在する過去の兵器「メイグラント」、それによる物語といったところでしょうか。
ストーリー的にはシンプルですし、設定もよくあると言えるものですが、特徴的なところはメイグラントには過去の技術だけじゃなく、作中の時代の技術も使われているということです。
それにより、過去の技術の割合が高ければ性能が高いという構図を作りつつ、一方でその作中時代の技術を上手く絡めることで戦闘やストーリーに深みや面白みが出そうだなという印象でした。
漫画の方は、本当に序盤のストーリーという感じで、あまりストーリーの核心に触れたところはなかったですね。
個人的には、ロボットはギミックと演出が大事と考えていますから、ロボット登場シーンやロボットへの搭乗シーンにアニメのバンクのごとく思い切りページを割いて欲しかったところですね。
10ページぐらいバンクシーンを書けば、次からはコピーだけでページが稼げます(笑)。
まだまだ設定も大枠だけといったところなので、細かいところが決まって、それぞれが上手く絡み合ってくれると良いなと思います。
設定の面白さは、まさかこの設定とこの設定がつながるとは、といったところにもありますからね。



Caravama(pixiv:617660、twitter:Corigly
WORLD_RISING
WORLD RISING.

オリジナルのSF世界観の漫画です。
表紙からSFっぽい雰囲気がありましたので、ロボット関連の場所とは違いましたが、手に入れてみました。
ランディとマリオという名前の2人が初日の出を見に行くために鉄塔に登るという作品ですね。
作中においては世界観についてはあまり詳しく書かれていないものの、いくつかの描写から荒廃した未来の地球上の話のようにように思えました。
漫画としての完成度も高く、読みやすかったですね。
話としては比較的静かに進み、最後の鉄塔の上からの景色がハイライトでしょうか。
なんとなく、雰囲気が綺麗な話でしたね。
とはいえ、やはりSF好きとしては気になるところはSF設定部分でしょう。
ラストの鉄塔から登った時に見える荒廃した景色からやはり世界観としては荒廃した未来。
マリオの隠れた左目が実は機械ということから、義体化関連技術は一部残っている感じに見えましたね。
ちなみに、自分としてはランディのバンダナの下とかがどうなってたんだろうと気になるところです。
きっと機械化されて第3の眼みたいなものが……まぁ、実際のところは多分事故の時に頭を打って包帯でも巻かれてるのでしょう。
作品自体はストーリーがシンプルな分、雰囲気を楽しむ感じかなと思います。
ところどころ垣間見えるSFっぽい、荒廃した感じの世界観を楽しむことができました。



ちとせ菓子店工作室(pixiv:1393103、twitter:c_b_industry
OVERS_SEVEN
OVERS SEVEN

オリジナルの宇宙ロボものの設定資料集。
とにかく、完成度が凄いです。
自分も次のコミケでオリジナルSFの設定資料集を出す予定ですが、こんな完成度の本をいつか出したいものです。
メカ、キャラ、設定全て完成度が高く素晴らしいですね。
一人でここまでできるというのはホント羨ましいです。
なんか、本の完成度ばかりテンション高く書いてしまいましたが、内容についても。
危機に瀕したために一度人類を外に追い出させ回復を待つ母星に関して、2つの勢力が争う歴史が背景の宇宙SF作品です。
いくつかの段階の戦闘状態があり、それにより様々な場所や時間を舞台にした物語が書けるという、物語の下地として非常にうまい設定だと思いました。
紹介されるロボットも、ガンダムっぽいものやスーパーロボットのように合体変形するもの、マクロスクラスの巨大なものと色々なものがあり、設定資料集だけ見ても興奮してきますね。
また、キャラについてもそれぞれの背景や関係などちゃんと設定されており、物語を構成するパーツはほぼこの設定資料集で揃っていました。
この設定の物語を見てみたいと、思わされてしまうほどの出来の設定資料集でした。
読むだけで宇宙SFに思いを馳せ興奮でき、楽しませてくれる本でした。



倉持図鑑(pixiv:33337、twitter:kyoryu_kuramo
Draft_Diver:AVENGE
Draft Diver:AVENGE

これはメカイラスト集と言った方が良いのでしょうが、ちょっと特殊なものですね。
オリジナルロボを設定とかの縛りなしに書けるドラフトダイバーという簡単な設定を用意し、メカ好きな皆さんに色々なメカを自由に書いてもらうという企画、それに集まったイラストを集めたものというのがこの本です。
なので、基本的に最初にドラフトダイバーについての説明があるほかは、とにかくロボのイラストがたくさん。
設定好きとしては感動しましたね。
世の中には、設定が存在しないメカがこんなにも溢れているのかと。
自分なんて設定しか書けませんから。
書いてもいいなら、もうそれぞれのロボットの設定とかここに書いていきたいところですが、さすがに数が多いのと勝手にやってしまうわけにはいかないので、今は保留に。
世の中には設定だけを書いて欲しい人間が存在する、という設定好きの人間からすると夢のような話を以前聞きましたが、本当にいたとは感動しました。
なんか、自分の感想だけ述べてないようについて全く書いていないので、説明に。
中身は色々な方の描いたロボットが多数あるイラスト集になっています。
上のOVERS SEVENを描いた方も参加されていて、いろんな方のそれぞれ特色あるロボットの絵が楽しめます。
見てて思ったのは、皆さん汎用機とか近接戦闘機が好きだなぁというところですかね。
やっぱり、汎用機や近接戦闘機というのは主人公機の特徴ですし、そのあたりの種類のメカがたくさん描かれていました。
とにかく色々なメカが描かれており、設定好きとして絵を見ながらこんな設定だったらいいなぁとか妄想でき、楽しむことができました。



古暮草(twitter:natorimori
異文化交流教室_準備号
異文化交流教室 準備号

上の方とはうって変わってファンタジー+学園ものの本です。
なんか、色々見て回ってるうちに無料配布していたのでもらってきました。
内容は学校に魔法使いがこっそりいたらという話で、準備号ということでホントに最初の最初あたりで話で終わっていますから評価はできないですけど、異文化交流というタイトル通り魔法使いと現代女子の交流とドタバタが描かれていくのかなと思います。
漫画としてもちゃんと読みやすくできていますし、完成版も読んでみたいものです。



というわけで、ざっとコミティアの本の紹介でした。
最後辺りには目的とはちょっと違うジャンルの本の紹介もしましたが、こういう出会いがあるのも現実のイベントならではといったところでしょうか。
ネットだと、どうしても自分の好きなものしか目に入らなくなってしまいますからね。
とはいえ、まずはコミケの時とは違ってメカ系の本を手に入れることができて楽しかったです。
コミケではSFジャンルにいましたが、メカ系はまた別の日ということでそちらは見れませんでしたから。
自分は基本オリジナル目的ですし、そう考えると一日だけの販売会であるコミティアの方がSF、メカ両方回れてついでに他も色々見れてお得といったところでしょうか。

コミティアは、最初に書いたとおり出展者側としても行ってみたいですね。
とはいえ、まずは直近のコミケ。
なんとか、コピー本を完成させなければ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR