展示等々について

気付けば、広告が出ていました。
色々書くこともあるのですが、夏から秋にかけていってきた展示や施設公開について。
写真や文章量があるので、つづきに格納します。

「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展
国立新美術館でやっていた「ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム」展。
マンガ、アニメ、ゲームを1989年ぐらいからを基点に展示。
1989年と言うと、アニメや漫画の歴史的には最近のような気もしますが、それでも幅広く色々なものが展示されていました。
全体的には、広く浅くという感じで、見に行けば皆さんが知ってる作品が数多くあり懐かしさを感じたり、存在は知ってるけど見たことややったことのない最近の作品を見てなるほどこういう作品だったのか、ということを楽しむような内容だったでしょうか。
個人的な意見としてはパネルとかで全く紹介されていないにもかかわらず、アイマスの年表にしれっとゼノグラシアと載っていたのを見つけたのは、黒歴史化はしてないんだなと、思いました(笑)。
広く浅くということで、物足りなさを感じる方もいるかもしれませんが、最後には色々な漫画家の原画が数多く展示されており、近くまで寄ってじっくり見ると、描いた方のペンの動きや、トーンの厚みを感じられ、この絵を人間が描いたのかと驚かされました。
多分、一番見るのに時間をかけたのがこの漫画の原画ゾーンだったかもしれません。
また、マクロスプラスの板野サーカスをコマ送りにしたパネルもあり、そこも見入ってしまいました。
ああ、ここでミサイルを避けて、チャフをまいて急降下して……等々、コマ送りにするからこそ見えるものがあり、どこかで本としてコマ送りしたシーンだけをとにかく印刷したものを出してくれないかなと思ってしまいました。
ミサイルシーンをコマ送りする必要性を知りましたね。
この展示は最初、ガンダム展が近くでやっていることもあり2時間ぐらいで終える予定でしたが、気付けば4時間ほどいてしまいました。
とにかく、1989年からとはいえそれでも作品量とボリュームが凄かったです。


大河原邦男展
大河原展壁

メカデザイナーズサミットで毎度お世話になっている大河原邦男先生の展示。
以前、超大河原展に行っていたため、まぁ見なくても良いかなと思っていたのですが、そんなことはなく、展示のほとんどは以前見たことのないものばかり。
見に行って良かったです。
イメージとしては、前回の超大河原展と比べ勇者シリーズや平成のガンダム、ヤッターマンなど平成以降の作品が多かったかなと言う印象でしたね。
ビルドファイターズトライのブースで、最近プラモを作ったトライオン3を見られたのは良かったですね。


ビルドファイターズは多くのメカデザイナーが参加するので、もしかしたら別の方デザインかなと思っていたのですが、トライオン3はやっぱり大河原先生のデザインでしたか。
その他、未公開作品のランディフォースなど今まで表に出なかった作品を見れたのも良かったです。
是非とも、ヒーローメカドリームズにランディフォースのメカを変形を再現したうえで出たいものです。
自分はメカはギミックが命、変形とか合体が重要と思っていまして、変形、合体ギミックがしっかりしている大河原さんの勇者ロボなどを見て育ったためこんな趣向になったのかなと、今回の展示を見て改めて思いました。
シンプルな構造ながらも、しっかりと変形を実現できる大河原さんのデザインは素晴らしいですね。
大河原さんの変形ロボの実現に関しては大体は石田賢司さんに任せておいてもいいかなとは思いますが、まぁ自分も一応変形ロボ作っていますし、その端ぐらいに彩りを加えられるように変形ロボを作っていきたいです。

大河原展車

それと、大河原邦男先生デザインの車の展示も。
変形可能の車と言うことで、変形好きの人間としては発売されたら是非とも欲しいものです。



KEK一般公開
KEK施設公開その2 KEK施設公開その1

粒子加速器を持つ高エネルギー加速器研究機構(KEK)の一般公開。
去年のSF大会が筑波で開催と言うこともあり、是非とも行きたかったのですが、用事が重なり行けなかったので、今年ようやく行くことができました。
まぁ、この施設については、説明は必要ないでしょう。
粒子加速器に測定器など巨大な装置は非常に興奮しました。
写真では、その巨大さを伝えきれないのが非常に残念です。
とにかく、粒子加速器は一度は是非とも見ていただきたいですね。
地下に広がる粒子加速器に巨大な装置。
SF好きにはテンションが上がらずにはいられません。
テンションあがりすぎて、冬のコミケのネタとかも思い浮かびましたし(笑)。
最先端科学に触れつつ、興奮隠せない巨大な装置の数々を見れて本当に楽しかったです。
次は、スーパーカミオカンデの施設見学も一度行きたいものです。



ガンダム展
ガンダム展ガンダムヘッド
六本木ヒルズの52階という立地で開催されたガンダム展。
展示というと、地表でやるものですが、地上52階での開催というのは新鮮でした。
大河原邦男展などでガンダムのイラストはいくつも見てきていますが、作品中の原画を作品の話数順に展示。
ガンダム放映前から時系列順に展示が構成してあり、非常に分かりやすくなっていました。
場所が六本木ヒルズと言うこともあり、人もにぎわっていましたね。
特に入場時の前後スクリーンを利用した演出は楽しかったです。
再入場ができない仕様だったのが、非常に残念。
展示内容も原画とアニメ映像が一緒に流れるのは分かりやすかったですし、原画を見てアニメの内容を思い返すこともできました。
実際には、原画とアニメでは違う絵になっているところも流れていたアニメと比較するとあったように思えましたが、それでもアニメの場面を思い返すことができたというのは面白かったです。

ヒルズ屋上その1

ヒルズ屋上その2

その後、折角52階まで来たので、屋上にも上がってみました。
52階での開催ということもあり、他の展示に比べると入場料が高い印象があったガンダム展ですが、屋上にも行けたことを考えればそう悪いものではなかったかなと思います(当然のごとく、屋上行くのに別途料金はかかりましたが)。
やっぱり、高いところは気持ちよく都心の景色を楽しむことができました。
また、途中屋上に行くのに業務用の通路などを通り、空調や電気設備の盤などがのぞき見えたのも中々面白かったです。
ガンダム展はもうやっていませんが、六本木ヒルズの屋上はいつでも行くことができますから、近くに行った方は時間があれば行ってみると面白いかと思います。



宮武一貴原画展
記念艦三笠原画展
記念艦三笠艦内で展示が行われていた、宮武一貴原画展。
お会いしたのは最初のメカデザイナーズサミットですね。
宇宙の戦士のパワードスーツやスパロボのグルンガストシリーズなどが自分の印象に残っている作品ですね。
ただ、マクロスや宇宙戦艦ヤマトなどの絵を見ると、メカデザイナーズサミットでご本人が「長いものを担当」みたいなことを仰っており、確かに宇宙船の絵などは凄まじいなと思いました。
書き込まれた線、SF設定とマッチした構造、それらが合わさった絵はSF好きにはたまりませんね。
三笠艦内での展示ということでボリュームが少なかったのが少々残念でしたので、次があればもっと色々な絵を見たいと思いました。
なお、自分は展示最終日に行ったので、会場に置いてあった落書き帳が凄いことになっていました。
なんか、見たことのある方の名前が何個か。
最終日にサイン会もあったようで、最終日日付でも色々と書きこまれており、ギリギリでいったかいがありました。
とにかく宇宙SFとか心昂りますね。
ネタがあるうちに、自分も色々と作ったり書いたりしていきたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR