スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校基本調査(平成25年度)

学校基本調査まとめ(平成25年度)

もうそろそろ、前回から30日経ちそうで、広告も出るし更新せねばと言うことで更新。
ROBO-ONEまで後もう少しという状態ながら何故かネタは学校基本調査について。

受験勉強の最中に他のことがやりたくなるように、ふと理学部とか工学部の学生数の推移が気になりやってみました。

参考にしたデータは学校基本調査の「高等教育機関」→「大学・大学院」→「関係学科別 学生数」で、その各区分の人数を見ています。

では、理学、工学、農学、保健学の人数の推移を。

学校基本調査まとめ3(平成25年度)

人数に差があるので、変化を分かりやすくするため平成5年の人数を1とした場合の変化が下のようになります。

学校基本調査まとめ4(平成25年度)

基本は医学部などを持つ保健学の1人勝ち状態ですかね。
ただし、医学部の人数が大幅に増えているかと言うとそうでなかったりもします。
データを見ると、平成5年度の保険学の学生数の内訳は

保健学学生数データ(平成5年度)
医学:48799
歯学:17971
薬学:38176
看護学:2336
医学専門学群:629
その他:10078


一方で平成25年度は

保健学学生数データ(平成25年度)
医学:52969
歯学:15004
薬学:74786
看護学:65753
その他:84780


医学部も増えていますが、大幅な人数増加は薬学、看護学、その他で発生しているように見えます。
尤も、平成5年から25年までの全データの推移を見ているわけではないので、実際の近年の動向を把握おらず、参考程度の意見と思ってください。
また、「その他」の中にどのような学科があるのかは「学校基本調査-その他附属資料」→「各年度」→「学科系統分類表」を参考にしてください。



では、最後に全学生数に対する各区分のパーセント比の推移を
学校基本調査まとめ2(平成25年度)

人数では理学、農学は増えていたのですが、パーセント比にすると平成5年に比べ平成25年は減っています。
学生数全体の数が増えていたので、全学生数に対する割合では減っていても、数字上は減っていないように見えたということでしょう。
とはいえ、工学はそんな中で人数ですら減っているわけですから工学系の学生数が増えていってほしいものです。
……なんか、最終的にはロボット関連の話に戻った感じです。

ただ、調べていて思いましたが、実際のところ今回の調査で完全に理系の人数を把握しているかというと、そうとは思えなかったりします。
というのも「その他」の人数が増え実態が分かりにくくなっている感じが。
無論、学科の細分化、また他の学部との横断的な内容を取り扱うなど総合的な学科の誕生で分類が難しくなったというので仕方ないものではあるのですが、そのせいで具体的にどんな人員が不足しているのかがすぐには分かりにくいような状態になっている気もします。
実際、保健学の人数が大幅に増えていても、医学部の人数の上昇はそれほどではないということですし、今回のような大雑把な調査法では大雑把なことしか分からないということでしょう。
まぁ、データはたくさんあるので今回参考にした以外の学校基本調査のデータと組み合わせていけばその辺りももう少し調べられるかと思います。
ただ、気まぐれで調べるには時間と手間がかかるのでさすがに今回自分はできませんでしたが……
興味のある方に是非とも頑張っていただきたいですね。


というわけで、学校基本調査から理系大学生の人数の動向を大雑把に調査してみました。
すでに書いたとおり、あまり正確に人数を把握しているものではないため、参考程度にご覧ください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。