第5回ニソコン参加

ダンボーin第5回ニソコン

いつの間にやら広告が出ていたので更新せねばと更新。
というか、広告が出ている中でもカウンターが回っていたので見に来てくれた方には申し訳ないです。

さて、更新内容ですが時期的にはヒーローメカドリームズの記事を書くべきですが、ニソコンの記事を書いていなかったのでタイトルの通りまずはそちらの記事を。


というわけで、6月23日第5回ニソコンに参加してきました。
いつもの日本科学未来館でなく東京理科大学葛飾キャンパスでの開催のニソコン。
日本科学未来館で開催していない初のニソコンですかね(miniは大学内ですが)。

通常は、みらい研究室と合同開催というかその内部イベントとしての開催でお客さんが結構いるのですが、特にイベントもない休日の大学での開催と言うことで観客は少なめ。
次回は日本科学未来館で開催して欲しいです。

ただ、葛飾キャンパスは初めて行ったのですが、中々綺麗でとても東京理科大学とは思えないキャンパスでした。
これで秋葉原が近ければ言うことなしなのですが、秋葉原が近いこととキャンパスが存在することは両立できないのでしょうね。
なお、神楽坂キャンパスはキャンパスでなくビル群です。


さて、なんか開催場所関連で長く書いてしまいましたが、大会について。
サイコロ一号で出たわけですが、まぁ結果はあまり出ず。
元々、Bluetooth化でもしておきたいと思って大会参加申し込みしたのですが、その前にダンボーのダンスの動画アップやら何やらで忙しく調整なしで出場しましたからね。
あまり動きもよくなくアスリートは完走できず、バトルでも後ろに倒れて敗北。
特別競技であるサイコロホイホイも動きが悪くほとんどサイコロを取れずいいところなしでした。
まぁ、バトルに関しては起き上がる際中の敵の隙をついて近づき、バトル再開の合図の前に敵を攻撃するという卑怯極まりない戦術でも相手は倒れなかったので、そもそも勝ち目はゼロでしたが(笑)

勝つために参加しているわけではないので、結果についてはどんな悪い結果でもいいのですが、それでもちゃんと動けるようにはしておきたいという欲はありますね。
調整すれば動きはもう少しちゃんと出来るところがありますし、改造構想もいくつか頭にあるので、ROBO-ONEまでにはなんとかしたいところです。

とはいえ、今回のニソコンの目的の半分ぐらいは最初の写真を見てわかる通り、大会に来た人に歩行可能になったダンボーのお披露目をすることだったので、観客が少なかったとはいえお披露目できたのは良かったです。
今までは機会があればサイコロを持っていきましたが、ダンボーの方がバッテリーが単三で運用が楽なので、荷物の余裕があればダンボーを持っていくのもいいかもしれません。

まぁ、サイコロ一号の調整以外にも、作りたいものの構想は色々あるので、少しずつものを作って完成させていきたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR