スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉日ブギウギモーション解説





わんだほーろぼっとかーにばるの大会テーマソング、吉日ブギウギのダンスのモーションについて。
コンセプトは盆踊りみたいに多くのロボットが踊れるモーションなので、1時間で作れる簡単かつシンプルなダンスにしてみました。
では、動きについて解説していきます。


ダンスは基本的にパターンA、B、C、Dの4つの動きのパターンのみでダンスを構築しています。

全てのモーションの最初と最後を基本ポーズ(下)にすることでどの動きからでも別のパターンに接続できるようになっています。
基本パターン

基本リズムは同じなので、適当につなげてもそれっぽくは見えるかと。

吉日ブギウギのリズムは0.8秒ぐらいだったので、全ての動きのパターンは0.8秒で区切りがつくような形になっています。

それでは、各パターンの動きと遷移時間についての詳細です。



<パターンA>
基本ポーズから腕を広げ閉じるを繰り返す、音楽の最初と最後の部分です。
動きの数も少なく、シンプルです。


①遷移時間0.4秒
腕を広げ、首をちょっと上げます。膝や足首に関節軸があればそれも使って上下の動きを表現すると良いかと思います。
パターンA

②遷移時間0.2秒
すばやく基本ポーズに戻ります。
基本パターン

③遷移時間0.2秒
同じ基本ポーズです。ダンスのキレが増すような気がするので、動きにタメを作っています。
基本パターン

これで0.8秒。
以上3コマ、ポーズとしては2種類だけのシンプルな形です。
連続再生では③→①とつながり、動きを繰り返します。



<パターンB>
右右左左と腕と足を動かします。
動きの種類は少ないですが、右右左左の順に動かすためコマ数は多くなります。


①遷移時間0.35秒
手を右側に出しつつ、右足も斜め前に出します。ダンボーでは前に出せないので、横方向に出している風にしています。
パターンB右

②遷移時間0.05秒
タメのため同じポーズです。
パターンB右

③遷移時間0.35秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

④遷移時間0.05秒
タメのため同じポーズ。
基本パターン

⑤遷移時間0.35秒
再度右側に手と足を出します。
パターンB右

⑥遷移時間0.05秒
タメ。
パターンB右

⑦遷移時間0.35秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

⑧遷移時間0.05秒
タメ。
基本パターン

⑨遷移時間0.35
今度は左側に手と足を出します。
パターンB左

⑩遷移時間0.05秒
タメ
パターンB左

⑪遷移時間0.35秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

⑫遷移時間0.05秒
タメ
基本パターン

⑬遷移時間0.35秒
再度左側に手と足を。
パターンB左

⑭遷移時間0.05秒
タメ
パターンB左

⑮遷移時間0.35秒
基本ポーズに
基本パターン

⑯遷移時間0.05秒
タメ
基本パターン

以上、0.8秒×4の3.2秒分。
ポーズ自体は、基本ポーズ合わせて3つしかないのですが、タメなどを含め16コマとコマ数は多めになっています。



<パターンC>
拍手を2回して最初は右に、また拍手を2回して次は左に動きます。
4つのパターンの中で最もポーズ数とコマ数が多い動きです。

①遷移時間0.15秒
両手を上げ、首もちょっと上げます。
パターンC1

②遷移時間0.15秒
拍手
パターンC2

③遷移時間0.05秒
タメ
パターンC2

④遷移時間0.15秒
手を離します。①と同じポーズです。
パターンC1

⑤遷移時間0.15秒
再度拍手。
パターンC2

⑥遷移時間0.15秒
タメ。先ほどよりも長いです。
パターンC2

⑦遷移時間0.30秒
腕を広げ、右側に体を移動します。
パターンC右

⑧遷移時間0.20秒
タメ
パターンC右

⑨遷移時間0.30秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

⑩遷移時間0.15秒
再度拍手のため腕と顔を上げます。①と同じポーズです。
パターンC1

⑪遷移時間0.15秒
拍手
パターンC2

⑫遷移時間0.05秒
タメ。
パターンC2

⑬遷移時間0.15秒
手を離す。①と同じポーズです。
パターンC1

⑭遷移時間0.15秒
拍手。
パターンC2

⑮遷移時間0.15秒
長めのタメ。
パターンC2

⑯遷移時間0.30秒
腕を広げ、体を左に移動します。
パターンC左

⑰遷移時間0.20秒
タメ。
パターンC左

⑱遷移時間0.30秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

これで、0.8秒×4の3.2秒。
基本ポーズを含めてポーズは、拍手前、拍手時、右体移動、左体移動の5つでコマ数18と全パターン中最大のポーズ数とコマ数の動きのパターンです。
もっとも、一番数が多くてもこの程度で済んでいると言った方がいいのかもしれません。



<パターンD>
右左と体を移動しつつ、腕を上げる動きです。
動きは大きいですが、ポーズの数は3つとシンプルです。

①遷移時間0.35秒
右手を上げ、右側に体を移動させます。
パターンD右

②遷移時間0.05秒
タメ。
パターンD右

③遷移時間0.35秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

④遷移時間0.05秒
タメ
基本パターン

⑤遷移時間0.35秒
次は左手を上げ、左側に体重移動します。
パターンD左

⑥遷移時間0.05秒
タメ
パターンD左

⑦遷移時間0.35秒
基本ポーズに戻ります。
基本パターン

⑧遷移時間0.05秒
タメ
基本パターン

これで0.8秒×2の1.6秒。
ポーズは基本ポーズ含め3つで、コマ数は8。
ポーズ数が少ない割には、動きが大きいのでそこそこ派手に見えるのではと思っています。
ちなみに、盆踊りを意識しているので、腕を上げるところは肘関節があればそれも曲げて、より高く挙げた方が良いかなと自分としては思っています。



<ラストパターン>
最後の動きについてはそれぞれのロボットで入り方も違うので、ここはあくまで参考程度にどうぞ。
ダンボーではパターンAを土台に動きを作っています。

①遷移時間0.4秒
パターンAと同じく両手を広げ顔をちょっと上げます。
パターンA

②遷移時間0.2秒
最後の決めポーズ
ラスト

③遷移時間0.2秒
タメ
ラスト

こんな感じです。
リズムやタイミングの参考にしてください。



<パターンの並びとループ回数>
動画の吉日ブギウギ(ショート)でのA、B、C、Dのパターンの並び及びループ回数は以下の順になっています。

①Aパターン:24回

②Bパターン:4回

③Cパターン:2回

④Bパターン:4回

⑤Cパターン:2回

⑥Dパターン:12回

⑦Dパターン:12回

⑧Aパターン:23回

⑨ラストパターン:1回



<おわりに>
動画でもやっていますが、途中でアレンジを加えたりとかそのあたりは自由です。
単純にリズムの参考にでも思っていただければ良いかと、振り付けも変えてしまってもかまいません。
そもそも、モデルが関節数の極端に少ないダンボーなので参考になりようがないですし。

とにかく、わんだほーろぼっとかーにばるのエントリー受付が始まるこのタイミングで動画と記事を更新できて感無量です。
後は、大会で踊ってくれるロボットはいないかなとちょっと期待を。
ダンボーが大会参加OKだといいんですけど。
版権ロボットは大会に出にくいのが難ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。