Libretto w100ソフトウェアキーボード改造

改造ソフトウェアキーボード

ROBO-ONEまで1カ月を切り、未だにロボットを設計しているという、どう考えても間に合わない状況ですが、それでも間に合うと信じて色々作業しています。

で、題名の通り今回Libretto w100のソフトウェアキーボードを改造。

今回の新型機はBluetoothを導入しようかと思いまして、それでPCとつなげキーボードのキー入力でロボットを操縦できれば便利かなと考えました。
そして、それに合わせソフトウェアキーボードのキー配置をコントローラー風に改造してみました。

当初は、そんな簡単にできないだろうと思っていましたが、調べてみると意外と簡単にでき、2時間ぐらいで上のような配置のものが完成。
ソフトウェアキーボードは物理キーボードと違い凹凸がないため、キーの間隔ができるだけ空くように作っています。

これでHTH4のKRC Commanderにキーを設定すればlibrettoがロボットのコントローラーに。
2画面のうち上画面は残っているので、カメラを搭載して表示させれば、Libretto一台でカメラ映像を見つつ操縦ということもできそうです。
また、キーボードの文字も書き換え可能ですし、本格的に使用する場合には「前進」や「後退」、「パンチ」といった表示にしていくなど色々検討中です。

なお、このソフトウェアキーボード。
最初は中身を公開しようかなと思っていたのですが、Librettow100を所有しつつ、さらにロボットをやっている人なんて自分一人しかいないということに気づきやめておきました(笑)。
まぁ、欲しい方がいたら教えてください。

ちなみに、今回の作業で一番苦労したのがキースキャンコード。
調べたもののどの数字がどのキーに該当するのか良く分からず、結局他のキーボードの中身を見てどのコードがどのキーに該当するのか調べました。
意味がわかったのが、全て終わった後という……
まぁ、次に中身を書きかえるときにはもう少しスムーズに行くかと思います。

しかし、ソフトウェアキーボードはハードウェアと比べいくつか劣るところはあるものの、キー配置を自分の自由にできるというのはハードウェアキーボードにはない強みですね。
キーボード付きタブレットも変則的な変形をしたりして面白いのですが、個人的にはやはり2画面タブレットの後継機を期待したいところ。

最近、2画面スマホの話題も出ていますし、是非librettow100の後継機を期待したいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR