FC2ブログ

C96参加

毎度の月一更新。

C96に参加してきました。



お品書きはこんな感じ。



タイトルは「超科学省魔法局術式魔法部術式魔法振興課超科学学園都市出張所職員 益巣虎子の一日」。
相変わらず長いタイトルとかが大好きでこんな感じになりました。
コミケの入力フォームとかで文字数制限がかかって、全部は入力できなかったですから、なかなかの長さです。

この作品は、ぶっちゃけ当初予定していた異能バトルものが、思ったよりもネタが思い浮かばず、じゃあ4ページぐらいの日常ものと考えて書き始めたものです。
しかし、書いてみると意外と面白く一万文字ぐらいのちょっとしたSSになりました。
そんな経緯の作品なので、当初は表紙も何もない予定だったのですが、急な依頼にも関わらず表紙を書いてくれた絵師様に感謝です。

個人的には面白いと思う作品ですが、頒布数はそこまで振るわなかったですね。
このあたりは、前回評論ジャンルで出た時とのギャップが大きかった感じです。
ジャンルの強さの差を実感しましたね。
小説ジャンルは一見さんが手を出しにくいものですから、どれだけ固定層を作れるかが大事なのですが、そのあたりの宣伝をあまりしてなかったところが出た感じです。

頒布数を増やすためにはネットで小説活動をちゃんとやらねば。
ロボット活動とか明後日の方向過ぎて、小説界隈には中々届きにくいですし。

趣味でやってるので、頒布数に関係なくやる気があれば打ち切りとかそういうのはないはずなのですが、「俺はただ自分な作品を生み出すマシーンだ」というように無限にやる気があるわけでもなく、頒布数が少ないとやる気も薄れていきますからね。
人間の面倒な仕様です。

というわけで、今回の作品はどこかで公開する予定です。
なろうかpixivのどちらかですかね。
冬も同じ世界観でもう少し長めの作品を出すつもりなので、冬の時には頒布数が増えていると嬉しいものです。


自分達の作品についてはこのへんで、後はコミケについて。

とりあえず、「南館には人権があった」ですね。
西に配置されたことが非常に悔しかったです。
あの人権を、西と東にも今後広げていってほしいものです。

後は、南館入口近くにあるエスカレーターが上下移動に便利でした。
屋外スロープが混雑しているため西館を回って南館経由で西館4階に上がってくださいと言われるなど、基本西館での直接の上下移動は難しく、南館を経由した方が早いという感じでしたね。

次回の開催でも、同じ移動ルートが使えるかは分かりませんが、南館入口近くのエスカレーターは覚えておいてもよさそうです。
自分もコミケ一週間前にMFTに行って、予習してきたためこのエスカレーターの存在を事前に知っていましたが、知らなかったら結構苦戦したかもしれません。

後印象的だったのは、やはり暑さですね。
年々暑くなっていますし、次の夏はなく5月開催というのは多少ありがたいところです。

今回はサークル参加日である3日目以外にも2日目と4日目にも観に行きました。
といっても、入場規制解除後の昼頃で緩い参加です。
戦利品は弐瓶勉関連と技術関連をちょっと。
カバネリ狙いで企業ブースも行きましたが、そちらは無理でした。昼から参加の人間には企業ブースは中々難しいものです。


というわけで、雑多に書いていきましたがC96はこんな感じでした。
暑い中皆さんお疲れ様でした。
自分も中々つらかったところもありましたが、南館の人権を実感できたりと、楽しかったです。
では、次回もサークル参加できた時にはよろしくお願いします。
スポンサーサイト



カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR