2014年総括

キャラもの大集合練習会

気付けば2014年も終わり、今年も色々あったなぁと振り返るのですが、今年はなんと……

ロボット製作を全然していない

イベントはちょこちょこ出ていましたし、なんかロボット活動している気になっていたのですが、よく考えると外装とかちょっとやった程度で、ロボット改良や新型機製作を全くやってないという。
作りたいものは色々とあるのですが、結局手を出せなかったのは残念。
ちょこちょこ設計して、来年にはお披露目できるようにしたいものです。

まぁ、そんな感じでロボット方面はあまり活動していなかったのですが、今年はそれ以外のところでイベントや新しいものに手を出した年でした。

イベントとしては、寝台列車の北斗星とトワイライトに乗車したことが印象深いです。
その後、この2つとも廃止が決まったということで良いタイミングで乗れたなと思います。

後はPVを作ったのも、たいしたことではないですが、新しいことといえばそうでしょうか。


ちなみに、自分の持っている動画編集ソフトはウィンドウズ標準のムービーメーカーぐらいしかなく、数式が使えないのでパワポで製作していたりします。
数式の説明をもう少しすべきだったとか、反省すべき点は多々ありますが、よく完成したなとは思いますね。
色々と公式の素材が使えて楽しかったです。

また、ワンフェスやSF大会への参加も初めてでしたね。

ワンフェスは立体物を作られている方が集まっていたこともあり、今まで見たこともないようなロボットを見かけたりして、新たな発見があり予想以上に楽しめました。


SF大会の方も、粒子加速器について熱く語れることができて楽しかったですね。
ただ、あまりSF設定について熱く語れる機会が少なかったので、次はポスター展示などそのあたりでもう少し発表者側になれるようにした方が良いのかなと感じます。
相対性理論関連やゲージ粒子関連で専門家に聞きたいことがいくつかあるので、次のSF大会ではそのあたりの話ができると良いものです。


というわけで、ロボット製作こそほとんどやらなかったものの、それなりに新しいことをやってはいるかなと思います。
個人的には重力制御について熱く語った動画を作ったことは、SF大会に参加したことと合わせて、SF方面に手を出し作品を作ったという点で新たなことに手を出したという感じがします。

ロボット活動もそうですが、SF関連活動も来年もやっていけるといいですね。

それでは、皆様今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

では、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

MFT2014

11月23日24日にビックサイトで開催されたMFT2014に参加してきました。

MFT2014集合写真

今回、B作さんが取りまとめ役として2足歩行ロボット関連の方を集め、ホビーロボットワールドというミニわんだほーみたいな展示とロボットプロレスを行いました。

自分はダンボーとサイコロ一号を持っていきました。

MFT2014ダンボー&サイコロ一号



サイコロ一号はわんだほーの競技に出たり、ちょこちょこリングで動かしたりをしました。
ダンボーの方は、もうコントローラーによる操縦もなしに、完全オート操縦で展示。

サイコロ一号で残念だったのは、通信基盤の不良もろもろでサイコロシュートであまり活躍できなかったこと。
最近、通信基盤の不良でうごけなくなることが結構ありますね。
サイコロシュートはサイコロ一号をアピールするチャンスなのですが、あまり万全の状態で見せられる機会が最近なくちょっと残念です。

ダンボーはすでに書いたとおり、完全オートデモで展示。
ただ、会場は騒がしく人も多いので音声やセンサーによる認識も難しい状況で、さらに2.4GHz帯の調子もあまりよくなかったため、安定してロボットの動いている様子を見せられるオートデモという選択肢は結構良かったようにも思えます。
やっぱり、ロボットは動いている姿を見せてなんぼですからね。
無論、単三電池駆動という無理のさせやすい電源を使っていることもありますが、今後展示する際には他のロボットもオートデモで動いている様子を見せられるようにしたいところです。

展示の方は多くのお客さんが見に来てくれて楽しかったです。
多くのロボットにも参加していただいたこともあり、自分も周りの展示を観に行く機会もできて結構MFTを堪能することが出来ました。
特にholypongさんのガンダムは展示でも人気でしたし、ロボットプロレスの合間などでもリングの上でデモをし展示を盛り上げていただき助かりました。

ロボットプロレスも公演を次から次へと行って、常に盛り上がっていました。
通信状況など怪しい中、しっかりと公演を成功させていたのは凄かったですね。
人の入りも凄かったですし、このあたりは何度も公演をやってきたロボットプロレスならではの積み重ねたものを感じました。


というわけで、2日間楽しんできました。
多くの人に自分の作品を観てもらえる機会は楽しいですね。


それでは、とりまとめをしていただいたB作さんをはじめ、手伝ってくれた皆さん、そしてロボットを持ってきてくれた皆さん、どうもありがとうございました。
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR