大河原メカバトルトーナメント

もう結構時間が経つものの、3月にいった大河原メカバトルトーナメントについて更新。

大河原メカバトルトーナメントは去年はホールを使ってのバトル大会はなく、エキシビジョンマッチのみでしたので、2年ぶりの参加でした。

2年ぶりといっても機体の変更はほぼなし。
どちらかというと、小物製作を頑張ってました。

ヤッターマン小物

帽子とメカの素。
帽子のマークの裏側はこんな感じです。
ヤッターマン帽子裏
サイコロ一号を作る際に余った蝶番のパーツとピンを使ったお手軽バッチ。
両面テープで貼り付けようかとも思いましたが、バッチにした方が何度も取り外しする場合には良いかなと思いバッチにしてみました。
要らないパーツを使っているということで、多少はパーツの再利用になっていますかね。

メカの素はサイコロ一号のつっかえ棒をベースに作っており、バトル時にはオモッチャマに取り付けることで後ろに倒れても起き上がれるように……なる予定でしたが、実際には機体強度の関係で天板部分が転倒の衝撃に耐えられず固定が外れることに。
結果、機体バランスが崩れ、つっかえ棒を付けたにもかかわらず起き上がれずただの邪魔なおもりとなりました。

このつっかえ棒……もといメカの素は解説の松崎健一さんに「外した方がよさそうですね」と言われ、実際に試合後外してみるとシャキシャキ動くと言うなんともまぁマネージメントが足りてなかったなと反省するところが多々ありました。
大河原メカデザイナーズサミットは前回もあまり動きが良くなかったですし、あまりいい動きが見せられませんね。
小物作りや小ネタに労力をかけていることもあり、ロボットの方に必要な労力をかけられなかったのが原因でしょうか。
しっかりとしたものを見せられるようこの辺りは頑張って行きたいところです。

というわけで、あまり動き自体はよくなかったものの、戦う相手はダイドコロンだったこともあり楽しませていただきました。
まさか、途中からヤッターマン2号が現れるとは思ってもいませんでしたし。
解説の方で「何やら遅れて現れましたよ」というセリフが聞こえ、何のことだろうとそのまま戦いを続けて、ふと横を見たらその視線の先にはヤッターマン2号の姿が!!
いや~いきなりの登場で驚きました。

試合の方は、ヤッターマン2号もかけつけて頂いたのですが、スペック差と先に書いた不調もあり敗北。
どうせ、神の手が発動するのでしたら、後ろのつっかえ棒を外してシャキシャキ動けるようにしておけばよかったなと少々後悔。
しっかりと動くオモッチャマを中々メカバトルトーナメントでは見せられず残念です。

サイコロ一号自体が今はただLightに参加させるため「だけ」の機体に近いところがありますからね。
ヒーローメカドリームズ用に新型機の製作をすべきなのかもしれません。
ダンボーで出られたら新型機作る必要がなくなり楽なのですけどね……

さて、そんな大河原杯メカバトルトーナメントでしたが、その他にも色々な機体がいて楽しめました。
特にガンダムビルドファイターズ勢が凄かったです。

べアッガイとオモッチャマ

ビルドファイターズ勢ぞろい

2枚目がピンボケしていますが、べアッガイIIIとスタービルドストライクは凄かったですね。
べアッガイIIIの3Dプリンターを使った見事な造形も素晴らしいですし、スタービルドストライクのRGシステムも素晴らしかったです。

その他にも、写真に写っているガンダムは毎度のごとく素晴らしい完成度ですし、スコープドックのローラーダッシュ対決も見ごたえがありました。
三冠王の変形に、ダグラムの登場シーン等今回初めて見れたロボットも多くいましたし、非常に見ごたえのあった大会でした。

優勝したゴッドガンダムは数多くのロボットを今回の大会に輩出したイガアさんの努力の賜物といえるでしょう。
そして、準優勝のなしのすけも素晴らしかったですね。
なしのすけはラビドリードックとの激戦のために故障し、決勝戦は不戦敗になってしまいましたが、決勝まで残るという素晴らしい結果を残していました。
稲城市での開催ですし、なしのすけが最後まで残り、動く姿を多く見せられたことは良かったです。

というわけで、2回目となった大河原メカバトルトーナメントですが、今回も楽しませていただきました。
ビルドファイターズをやっていたこともあり、キャラクターもののロボットを動かしたいと思う人間が集まり戦うというのは非常に楽しいですね。
「遊びだからこそ本気になる」というビルドファイターズの言葉を体現する方々が集まっているわけですから。
この流れがさらに大きくなり、参加者の数や大会規模が大きくなり、アニメや漫画の世界のように多くの人が人型ロボットを作る時代になって欲しいものです。
そして、自分も参加者の一人として、ちゃんと観客の方々を楽しませられるようにしていけたらいいですね。

それでは、最後になりましたが石川さんをはじめ、大会を開いてくださった皆さん、大会の開催どうもありがとうございました。
次の大会も是非とも参加していきたいと思います。
スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR