第4回ニソコンminiに参加

第4回ニソコンmini

第4回ニソコンminiに参加してきました。(順位などの結果はコチラ

今回のニソコンminiはROBO-ONE認定大会!!
とうとう原作のニソコンと同じになりましたね。
作った時には認定大会になったらなぁと考えていましたが、それがまさか実現するとは……本当にありがたい限りです。

協賛となった有限会社杉浦機械設計事務所さま、どうもありがとうございます。


さて、参加結果ですが……

アスリートは3分オーバーなものの一応完走。
バトルは1回戦敗退。

アスリートは完走できて良かったです。
バトルについてはいつも通りの結果でしたね。

ただ、今回どうもサイコロ一号の調子が悪かったのが残念でした。
実は、大会2週間ぐらい前に一度サイコロ一号の体験操縦をさせる機会があったのですが、その時からどうも調子が悪い様子だったのですよね。
最初は操縦するリングの違いが原因かと思いましたが、今回の大会の様子を見るとどうも全体的にガタが来てる感じ。
モーターもありますが、下手するとCPUもダメな感じでした。
ずっと使い続けてきたサイコロ一号ですが、モーター含めた全面的な修理をしないといけない時期なのでしょうか……

……というわけで、そんな不調もあり直線の安定性やら歩行の安定性がいまいちでアスリートは結構苦戦しました。
まぁそれでも小型機ということもあり、回転棒などは他の機体よりは楽していた部分もあるのですが……
しかし、歩行の安定性が低下していたため、一本橋でとにかく苦戦してしまいましたね。
ヨー軸がないので旋回による方向転換に結構時間がかかり、その結果3分オーバーというタイムに。
尤も、タイムギリギリではあるもののゴールできたのは良かったです。

ちなみに、アスリート一位突破は東京理科大学の蒼焔R。
賞品として、神矢先生から色紙を頂いていました。羨ましい……

バトルの方は同じ1キロ級のロッキーと戦いました。
戦闘重視でないサイコロ一号に対し、light用機体っぽいロッキーには攻撃が効かず、バランスが崩れたところに相手の攻撃がヒットし、後ろに倒れ起き上がれず敗北。
動きが良ければ勝てはしなくても、もう少しヒットアンドアウェイで戦えたと思うと残念でした。
とはいえ、バトル終了後ロッキーに攻撃をしてもぜんぜん効きませんでしたから、結果については変わらなかったでしょう。

その後、というかバトルからは自分が解説役となりバトルの進行をしていきました。
色々と変なことを言っていたかもしれませんが、温かい目で観戦していただき、来てくれた方々どうもありがとうございました。



というわけで、サイコロ一号で挑んだ第4回ニソコンmini。
まぁ結果はいつもどおりでしたが、アスリートや解説など楽しめました。
とうとうROBO-ONE認定大会となったことですし、末永く続いていってほしいですね。

それと、今回優勝し認定権を獲得したガルーは前回のROBO-ONE優勝ロボット。
ニソコン代表として、次のROBO-ONEでも活躍してほしいものです。
スポンサーサイト

第21回ROBO-ONE参加してきました

第21回ROBO-ONE集合写真

ボーとしていたら、大会からもう2ヶ月経過……月日が経つのは早いものです。
いつの間にやら広告も出ていたため急いで更新。
ほとんど月1回の更新になっており申し訳ないです。
ただ、第22回ROBO-ONEの競技規則公開や今回声優チームが参加していたロボティクスノーツの放送も始まっていますし、ある意味タイムリーかと(笑)。


というわけで前置きが長くなりましたが、第21回ROBO-ONEです。
今回は比較的頑張り、前日まで故障している箇所を全部直そうと切れていたチップLEDの配線を頑張ったりとしていました。

チップLED
チップLEDの大きさ比較、一円玉が大きく見えます。

まぁ、結局チップLEDの端子の強度が足らず、はんだづけに成功しても、端子が剥がれおちて本番には光るサイコログレートの目を見せることはできなかったのですが……
やはり、強度の低い部品を空中配線してはいけませんね。
ROBO-ONE会場でもアドバイスを伺いましたが、薄めの基盤に付けて配線の張力を逃がすようにした方がよさそうです。

さて、本番のROO-ONEですが、Lightは1回戦敗退、ROBO-ONEも予選敗退。
サイコロ一号は毎度のことながら勝てませんでした。
まぁ、開き直ってROBO-ONELightのマスコットになるべく頑張って行こうと思います。
タツノコ版権がクリアできればマスコット化も夢ではありません。

サイコログレートについてはIKETOMさんの動画をどうぞ(IKETOMさん、動画いつもありがとうございます。)


出走順は62番目なので34秒ごろからサイコログレートの様子が分かるかと思います。

今回は後ろ向き歩きで連続歩行できるようにがんばりましたが、やはり遅いので予選突破ならず。
まぁ、構造的にも安定性がないですし仕方ないです。
そろそろサイコログレートでROBO-ONE出るのも限界かなぁと少々考え中です。
とはいえ、ダンスなどではそれなりに結果を出している機体なのでもうお払い箱という予定はないです。
他の変形機体の機体構造を参考にコンセプトは変えず、設計変更をしようかと検討中です。
グレートはそもそも、完成してから足し算方式で次々と機能を付け足していった機体ですからね。
どうしてもバランスが悪くなってしまうのでその当たりの問題を解消した改良機サイコログレートIIでも作っていけたらな~という感じです。

ただ、そのサイコログレートIIの製作はまずはおいといて、次のROBO-ONEのために新機体を構想中です。
名付けて『ビッグサイコロ(仮)』。
早い話が、大きなサイコロ一号。
今大会のROBOーONEでシールドを持った機体(ジャスティア)が結構活躍していたのを見て、サイコロ一号を大きくしたら勝てるのではと思ったため、3年ぶりぐらいの新機体製作をしようかと思いました。
サイコロ一号は歩行も安定しているので(スピードはないですが)、そのサイコロ一号を基にすれば4.5m走も突破できるのではと期待しています。

尤も、まだノートにメモを書いている状況で本当に完成するのか微妙に怪しい段館ではありますが、なんとか次のROBO-ONEまでには完成させたいものです。


さて、それでは、自分のロボットの報告は済んだため、それ以外について。

続きを読む

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR