大河原メカバトルトーナメント参加

2月18日に、大河原メカバトルトーナメントに参加してきました。

メカデザイナーの大河原先生のデザインしたロボットを一堂に集めてバトルさせようというイベントで、自分はヤッターマンのオモッチャマで参加しました。
機体写真提出が1月最終日だったため、いつもはギリギリの機体製作も早めに行い、少しずつ準備していきました。

オモッチャマ

実を言うと作り始めるまではヤッターマンを見たことがなかったので存在を知らなかったりします。
大会開催のことを聞いた時にプロペラつければ出れると聞いてDVDでアニメをチェックし、製作をし始めました。

開発コンセプトは「変形」と「しゃべる(手動音声認識)」。

基本ベースはサイコロ一号なので今ある変形機構を実現しつつ、オモッチャマへの変形をどうするかが問題でした。
単純にサイコロ一号に頭をつけるというのもよかったのですが、やはり腕は付けたいということでサイコロ一号の前面展開用のサーボを廃し、その余ったスペースに腕展開用モーターを付けることでできるだけオモッチャマっぽくなるように心がけました。

サイコロ一号改
↑ベースのサイコロ一号

実を言うと、設計段階では変形できるのか微妙に怪しいかったのですが、作ったところギリギリで変形出来て良かったです。
変形時はよく収まってるなと思えるぐらいの密集度になってます。

オモッチャマサイコロ状態

ちなみに、側面が透明でなく、紙を張っているのは側面は金属だからです。
本来は全面2mm厚のアクリルで作るのですが、少しでもスペース稼ぐために2mm厚のアクリルから1mm厚のジュラルミンに今回変えています。

頭に関しては、磁石でくっついています。
また、プロペラも磁石が付いており、プロペラ単体も着脱可能。
使用している磁石はネオジムでかなり強力なので自重が持ち上がられるぐらいの吸着力があります。
設置場所がCPUボードに近いところにあるので、磁石の影響は大丈夫かなと思っていたのですが、今のところ影響はなく無事に動いていますね。

この頭に関してですが、基本的にCPUボードと接続してないので、プロペラも無可動でギミックは何もありません。
ただ、スペースがあるのに使わないのは勿体ないということで内部に小型のBluetoothレシーバーと小型のスピーカーを搭載しています。

BLUETOOTHスピーカー

PCとつなげることで、PC側で作った合成音声を出力することができ、命名するなら「手動音声認識」という機能を実は実現しているのですが、大会本番はメガネをかけておらずPCの画面が見えなかったのであまり活躍させることはできませんでした。
この機能については、また別の機会があれば活躍させたいものです。

さて、大会当日の様子ですが、動画もあるのでそれは続きの方に。





続きを読む

スポンサーサイト
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR