レガス宣伝



レガスサイエンスフェスタ

この科学イベントに自分もWiiリモコンの演示実験を出展します。
対象は中学生までですが、保護者の同伴は多分問題ないでしょうから、お子さんがいる方はどうぞ。




というわけで、久々の更新がイベントの宣伝でした。
いや、fc2ブログは30日たったら広告が出るので、
だったら自分の方で広告を出してやれと(笑)。

とはいえ、折角更新したことですし、感想だけ書いてアップしないでいた映画の感想も2つ更新してあります。
ブレイクブレイド第5章幸せの始まりはの2つですね。


最近は時間がないこともありロボットには手を出せていませんが、
もしかするとROBO-ONEの時期は暇かもと思いちょっと参加を検討中です。

歩行がまだ安定しないグレートは予選競技に向いていないので、出るとしたら一号ですかね。
Lightも実施されますし、ダブルエントリーというのも悪くはなさそうです。


ロボットの開発状況については、グレートの改造に多足の開発などやりたいことは結構あるのですが、
やるべきことが溜まっているので今現在は中々手を出せない状況です。

とはいえ、グレートの方はROBOTJAPANには調整を間に合わせたいので、どこかで一気にやらねば……

出来ることならROBO-ONEでロボット成分を吸収して、その後一気にグレートの調整といきたいものです。
スポンサーサイト

幸せの始まりは

How Do You Know

しあわせのはじまりはポスター


ラブコメ、ということで普段はあまり見ない映画を見てきました。
映画料金が高いこともあり、映画館で見るのは映画館のポテンシャルを発揮できる映像が凄い作品が多いのですが、たまには普段見ない映画も良いでしょう。

映画の内容を分かりやすく言えば、体育会系の女を3枚目の男2人が取りあう三角関係を描いた映画です。
色々と細かいところはありますが、この映画の面白さを抽出したらこんな感じに。
あまり言い過ぎるとネタバレになりますしね。

では、ネタバレなしの感想です。

とにかく、可笑しい映画でした。
面白いとも思いますが、それ以上に可笑しい映画です。
非常にテンポよくコメディが繰り広げられるので、ほぼ全編笑いどおしの映画でした。
ストーリーもテンポの良さを重視しているのか、細かいことを抜きに非常にとんとん拍子に話が進み観ていて気持ちが良かったです。
まぁその一方で、テンポ良すぎて細かいところを気にするとテンポに追い付けなくなるという問題点もあるにはありますが。

自分としては、観るときは頭空っぽにして笑いながら楽しんで、映画が終わった後に笑いながらそういった細かいところを考えていくのが一番楽しめる映画だと思います。
そういうことを考えるために、長いエンディングクレジットがあるわけですしね(笑)。

とにかく、感動以上に笑いが多い映画で、ファミリーとかにオススメの映画です。
映像が凄いとかそういうものではないので、必ずしも映画館で見て下さいというつもりはありませんが、是非とも一度鑑賞していただきたい映画です。

続きを読む

ブレイクブレイド第5章「死線ノ涯」

「―――――」

ブレイクブレイド第5章


見たのは4週間前で感想を書く暇と余裕がなかったので、今更ながらの更新です。

まぁ、とにかく次がラストということで、ようやくここまで来たなと感慨深いです。
なんだかんだいって、全部観に行ってますからね。
次で終わるとなると、少々寂しくもあるところです。

しかし、全6章と最初のころは本当に6章までやれるのかという不安もあったのですが、ここまでこれば後は残すところ1つだけということで安心です。


さて、映画の方ですが、今回も例によって例の如く舞台挨拶ありを選択。
シギュン役、ナイル役、ナルヴィ役の方の他に特別ゲストでニケ役の方々の4人という今まででも最高人数でした。
ラスト一個前ということなのかいつもより取材の方も多めなイメージでしたし、盛り上がるのはファンとしてありがたいところですね。
まぁ、その分パンフ買うのに行列に並ばないと行けなかったり、特典のコースターを手に入れるのもまた並ばなかったり、そもそも入場するのも並ばないと行けなかったりと色々と不都合なところもありますが、ファンならばそのくらいは我慢できます。
というか、本来は座席指定で並ばなくても入れるのですが、並んでいるのをみると並ばないといけないのかなと思い並んでしまうのは集団心理とかそういうものなのでしょうかね。

なお、舞台挨拶では人数が多いということでナイル役の方が司会進行を行い、上映前ということでネタバレに注意しつつ、嘘か真か分からない見所などのトークが繰り広げられました。
ちなみに、第5章の見所は「アイパッチ、グラサン、メガネ」の3つに注意すればよいとのことでした。
まぁ、確かにボルキュスとバルドとジルグは今回の話では注目でしたね。

ブレイクブレイドもとうとう次でラストですが、次もできることなら舞台挨拶ありに出来たらなぁというところです。
個人的には、主人公4人の中でホズル役とゼス役の方にはまだ合っていないので、第6章の舞台挨拶ではそういった今まで会えなかった方々の話を聞けると嬉しいところです。


さて、相変わらず前置きが長くなりましたが、ネタバレなしの感想を。

今回はとにかくゴゥレムが動き、戦闘オンリーといっても差し支えないほどの内容でした。
ロボット好きの自分としてはかなり嬉しい展開でしたね。
テンポ良くストーリーも動き、今まで観てきた章の中でも1位、2位を争うほど良い章だと思います。

ストーリ展開はネタバレの方で言うとしても、ゴゥレム同士のバトルのあの重厚な感じは何度見ても面白いですね。
映画館の音響もありますが、石英の音が響く感じや足音はやはり迫力があります。
特に、主人公のライガットが成長したことで色んな武器を使えるようにもなったので、その辺りの戦い方の変化が見れたのも楽しかったです。
自分としてはロボットはギミックがあった方が嬉しいですからね。

というわけで、今回の第5章は重厚なロボットの戦闘が好きな方には是非ともお勧めしたいところです。
最終回前ということで、かなりストーリーも動きますし、それに合わせて戦闘の回数も増加しているので、戦闘シーンが好きな方はどうぞ。

といっても、感想書くのが遅すぎて、すでに上映館が……という感じなのですが(笑)。

続きを読む

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR