クロックワークなループタイ

毎度の月一更新。

ロボット方面は進捗がないのですが、以前から作りたいと思っていた機械式時計を使ったループタイを作ってみました。



リューズは取っているため手巻きはできませんが、分銅を生かしているので自動巻き機能でゼンマイを巻き、ちゃんと歯車が動きます。
歯車が動いている様子はメカ好きにはオススメです。

作り方は、

①時計を分解してリューズを抜く。
機械式ループタイ1

②針を抜き、強力両面テープを付ける。
機械式ループタイ2

③ループタイの金具をつける。
機械式ループタイ3

④紐を通して完成。
機械式ループタイ4

と比較的簡単に出来ます。
まぁ、分解工具を用意するのが、最寄りの店では売っていなかったので、通販を利用したりとそちらの方が手間取りましたかね。
基底現実主義の自分としては、あまり通販を利用したくないのですけど、今回は見つからなかったのでネット通販を最大利用しました。

ちなみに、工程は簡単ですが、①のリューズを抜く際には、油断するとゼンマイを巻けなくなる状態になるため、素人は失敗覚悟で時計2個ぐらいを最初から用意しておいた方がいいかも知れません。
簡単に作れますが、製作中簡単に壊す可能性があることはご留意を。
実際、自分も1つ目は失敗して自動巻き機能がゼンマイを巻けなくなりました。

今回は4000円ぐらいの時計を使いましたが、別の価格帯の時計を買えばまた違ったデザインになると思います。
ただ、価格が高くなればなるほど、失敗した時のダメージが大きいのが難ですね。
スポンサーサイト

雑記

とりあえずの月一更新。

といっても、ROBO-ONEも行かず、ロボットイベントにも行かず、そしてロボットも作っておらずということで、更新することは何もないという状況です。
夏以降はロボットビルダー活動休業中と言う感じですね。

代わりに、映画は結構観ていました。
4日連続映画鑑賞とか半ば自棄になってやったものでしたが、結構充実感がありました。
今年の映画は面白かったですね。特に邦画。
シン・ゴジラや君の名は。はもう世間の評判だけで十分すぎる評価を得ていますし、特に説明の必要はないでしょう。
とはいえ、洋画も悪くなく、インデペンデンス・デイ:リサージェンスはがっつりとSF好きのハートをつかんできて楽しかったです。

後の報告事項と言えば、冬コミに受かったことでしょうか。
2日目の西ホールの西ひ10aですので、よろしければブースへとどうぞ。
一応、コミケに合わせてロボ系の新ネタも作れれば良いのですが、多分間に合わないので期待しないでください。
とりあえずの締め切りを決めて作り出すことが重要だと思うのです。
自分としてはコミケとmakeの違いが、電源が使えるか使えないかぐらいの差という。
make ogakiも日曜日だけ出展で参加できれば良かったのですが、土日の2日展示が義務となると学生には辛いところがありましたので、今回は出展はせず。

とりあえず、しばらくは上記新ネタ関連をメインにマイペースに動いていく予定です。

学生になりました

毎度の月一更新。
3月後半と4月は練習会にいったり、バーベキューに行ったりしたわけですが、こっそりと学生になっていたりします。

色々忙しくはなりましたが、新たな知識を手に入れるというのは楽しいです。

さて、学生になって何が良いかと言えば、やはり映画が安くなることですね。
特にIMAXはどんなラスボスだ、と思うほど各種の割引が全く効かない耐性持ちですが、学生になればそんなIMAXも安くなるという。
これだけで学生になったかいがあります。

その他、学割とか、アカデミック版の購入とかできるようになったのはありがたいところです。

後は、学生大会に出られるというのも利点ですかね。
とはいえ、今はバトル用の機体持ってないですし、まずはロボを完成させてからこのあたりは考えていきたいです。

学生になったことで色々忙しくはなったものの、コミケは申し込みしていますし、makeも出展したいところですから、時間をやりくりして原稿とかロボを完成させていきたいところです。

北斗星とトワイライトで行く北海道スキー旅行

2月末から3月にかけて友人と一緒に北海道にスキーに行ってきました。

出発は上野から北斗星。

北斗星

夜19:00頃に上野を出発。次の日12:00ぐらいに札幌に到着する寝台車です。
自分の部屋は一人用の個室。
寝台列車の乗るのは初めてでしたが、ちゃんと横になれるベッドもあり快適でした。
北斗星寝台車シングル

食堂車やロビーの雰囲気も豪華で良かったです。
夕飯はパブタイムでビーフカレーを頂きました。
北斗星ビーフカレー

そして朝、目が覚めればいつの間にやら青函トンネルを抜け北海道に。
辺り一面雪景色でした。
北斗星モーニング

雪景色の中モーニングを食べつつ、降りる準備をします。
北斗星は札幌まで行きますが、スキー場は別なので途中で長万部で乗り換えをし、ニセコのスキー場に。
電車の中は暖かかったですが、さすがは北海道、外に出ると非常に寒かったですね。

スキー場に到着し、友人達はスキーをする中、自分はスノボーを。
まぁ、年に1回ぐらいしか滑らないこともありかなりこけましたが、結構色々なスキーコースがあり楽しめました。
天気もそんなに悪くなく上からの見晴らしも良かったです。
ニセコスキー場昼

尤も、ゲレンデが結構硬くて、こけてもさらに加速してどんどん下がっていったときには焦りましたが……

ナイターもあり、夜中までそこそこ滑ることができました。
ニセコナイター

その後、ホテルに1泊。
次の日はスキーは滑らず、前日こけて痛む体を引っ張り帰路に。

トワイライト

トワイライト表示

札幌まで出てトワイライトエクスプレスに乗ります。
14:00頃に札幌を出発し、次の日13:00に大坂に到着するという日本で最も長い距離を走る鉄道とのこと。
まさか23時間も電車に乗ることになるとは、昼に帰路につきながら到着が次の日ですからね。
まぁ、こういう旅も面白いものです。

トワイライトツイン

行きの北斗星と比べトワイライトは個室の中も木目調で落ち着いた雰囲気でした。
ちなみに、トワイライトでは2人用のツインの個室でした。
2段ベッドの上のベッドからの見晴らしは結構良かったです。

トワイライトの夕飯は豪華にフランス料理のフルコース。
春用料理ということで春の食材を使った料理でした。
まぁ、自分は季節関係なく「お肉美味しい」と完全なる素人な感想なわけでしたが……

その後、行きとは違い、まだ起きている時間に青函トンネルに。
一番深いところには青色LEDが灯っているということで、それをしっかりと確認。
青函トンネルを満喫し、本州へ。

ちなみに、時系列が少々ずれますが、本に秘境の駅と書かれていた北海道の小幌駅も帰りのトワイライトで通り過ぎるときに確認できました。


トンネルとトンネルの間に一瞬駅が現われ、何も知らずに見ていたら見間違いかと思えるような駅でしたね。

その後、行きと同じく電車の中で一泊し、次の日に。
新潟当たりを走っているときに起きて、富山当たりで朝食でしたかね。
リッチなモーニングでした。

トワイライトモーニング

そして、そのまま日本海側を通り終点大坂に向かっていきます。
電車の景色についての放送を聞きながら車窓を眺めていきます。
20時間以上も乗り続けた電車の旅も終わりが近づくと感慨深いものがあります。

そして、終点。
大坂駅に着き長かったトワイライトの旅も終了です。

ただし、旅の出発が上野である以上、旅は終わりではなく、その後新幹線に乗って関東方面に移動しました。
すべての行程を見ると東京→札幌→大阪→東京とよく分からない大回りをした旅でしたね。



というわけで、北斗星とトワイライトに乗り北海道にスキー旅行に行ってきました。

まぁ、お金も結構かかりましたし、そう気軽に皆さんもどうぞとは言えないものではあるのですけど、2つの寝台車に乗っての旅は非常に楽しかったです。
寝台車に乗るのは初めてでしたが、普通のホテルとも深夜バスとも違う空間で1泊するというのは面白い体験でした。
切符も簡単に取れるものではないかもしれませんが、興味のある方は是非とも一度は乗ってみると良いかと思います。

正月旅行

皆さん、あけましておめでとうございます。
今年もボチボチと更新していくので、よろしくお願いします。

さて、年始に知人に誘われて青春18キップで旅行に行ってきました。

最初の目的地は広島ですが、帰りには姫路に立ち寄ったりと色々と回ってきました。
青春18きっぷ使用ということで移動時間が恐ろしいことになったのですが、中々楽しい旅行でした。
まぁ、詳しい旅行内容は写真を交えて。

まずはスタート地点の岐阜。
地元近くにある長良公園を見てきました。
長良公園

朝早く行ったこともあり、人が少なくのんびりと見て回ることが出来ました。
そもそも観光地としては微妙なところですしね。普通は岐阜城に行きます。
ちなみに、岐阜城は去年の大河「江」に少しばかり縁があったりします、と地元アピールを少々。
一応、岐阜城も写真の山の上の方にぼんやりと見えるのが確認出来るかと。

なお、この長良公園の沈床花園が目的地の一つだったらしいのですが、入口の前に張り紙が
長良公園門

行ったのは、1月4日。
予定が入り、当初の1月3日に行く予定だったものを一日送らせたのですが、それが幸いしました。

その後、目的も達した車を捨て電車で移動。

岐阜から関西方面へ出発。
関ヶ原周辺は雪景色になっており景色が楽しめました。

そして、次の目的地に到着。
豊郷

豊郷、Wimaxが入ったことに驚きました。
Wimaxアンテナ設置頑張ってますね。
ここでの目的地は伊藤忠兵衛記念館だったらしいです。
写真の通り見てきましたが、大きめの普通の民家かなと思ったら実は記念館だったという感じでした。
色々と歴史など展示してあるので、時間があればそのあたりもじっくり読んでいきたかったのですが、いかんせん時期的に足もとが寒かったのと時間的問題で歴史関連の資料はざっと見る程度。
とはいえ、趣のある内装で、雰囲気は良かったです。
なにより、入場料タダが良いですね。
もうちょっと暖かな時期に行ければ良かったです。

その後、豊郷を移動し、一気に広島に。
移動時間は8時間。
2回ほど乗り換えて広島につきましたが、雪が降っていたりと結構寒かったです。
ちなみに、途中乗り換えで糸崎という駅で電車待ちすることになったのですが、暇だったので駅の外に買い物に行こうと思ったら見事に何もありませんでした。
予定としては、待ち時間のある糸崎で夕飯を食べるという計画もあったのですが、そうしなくてよかったです。

というわけで、一日目はこんな感じで広島に到着し終了しました。


そして、二日目
二日目はまずは宮島に行ってきました。
電車が途中で線路切断により止まったりとトラブルがあり、私鉄に乗り換えたため青春18きっぷが使えず少々の出費はありましたが、無事に宮島到着。

宮島

行ってきたという証明写真。後ろに海に浮かぶ鳥居がちょっと見えるかと思います。
当初は初詣でをするぐらいの予定でしたが、島を歩きまわるだけで結構時間が経ちました。
その後、昼を少々過ぎたころに広島の市外に戻り広島焼きで昼食。
本場というだけで、普通よりも一層おいしく思えます。
そもそも、旅先の飯は美味しいものですしね。
その後、広島に来たからには行かねばと小学生以来の平和記念公園に。
資料館も一緒に見てきました。
広島が発進するだからこそ意味のあるメッセージというのがあるなぁと感じました。
そういえば、記念碑に自分が行く先日ぐらいにペンキで落書きがあったとのことでしたが、自分はそれを知らずに見に行ったので特にペンキなどは気付きませんでした。
もしかしたら、自分が行ったころにはペンキは消されていたのかもしれません。

その後、5時間ほどかけて神戸へ移動し2日目は終了。


そして最終日となる3日目。
3日目は姫路へ行ってきました。
まずは定番の姫路城。

姫路城

結構天気も良く、広い姫路城を楽しく観光できました。
まぁ、季節がら少々冷えましたが、許容範囲内。
姫路城は、修理中でしたが、修理している様子を見られるようになっており、修理中ならではの姿を見ることが出来ました。

姫路城内部

外は寒かったので、室内で姫路城の修理の様子を見られるのはありがたかったですね。

そして、姫路城を見た後、姫路に来たならば絶対に行かねばと昼食後に姫路の科学館に行ってきました。

姫路科学館

サイコロ一号も持って行ったので、ちゃんと写真を。

姫路科学館サイコロ一号

姫路城バージョンにしても良かったのですが、荷物と時間の関係でサイコロキャラメルバージョンです。
場所がどこにあるのか確認できたので、今後姫路ロボチャレンジに参加する時に行きやすくなりました。
ちなみに、姫路駅からバスで30分ほど。
JRで近くの駅から行くことも考えたのですが、そこからでもタクシーを使った方が良いと言われたので、だったら姫路駅からバスで行った方が良いかなと思い、バスで行きました。
本数が結構少なかったので、行きのバスにそのまま帰りでも乗るというとんぼ帰り。
入口をちょっと見ただけで中はほとんど見られなかったのが少々残念でしたが、姫路ロボチャレンジなど行く機会もあるでしょうし、中はその時にでも。
姫路城も修理していない姿をその時に見られるとよいものです。

姫路城を見た後は、そのまま大阪に行って少々早めの夕食をし、ちょっと観光。
そして、京都で新幹線に乗り帰宅しました。


3日のうちに結構な場所に行ってきましたが、色々と回ることが出来て充実した旅行でした。
移動時間に結構時間がかかったかなという気はしないでもないですが、そういうことできるのも学生の特権ですし、学生の間にこういう旅行が出来たのは良かったですね。
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR