チロルチョコロボット作成中

毎度毎度の月一更新。

前回と同じく、チロルチョコロボットをちょこちょこと作ってます。

ただ、最近知ったのですが、G-ROBOTS アルミブラケットシリーズ A・Bが製造中止になったようで、それをベースに設計していたので少々困りました。
しょうがないので、ダンボーの足に使っていたブラケットと手持ちの余りを利用し事なきを得ましたが、「市販されているブラケットで簡単に作れる」をコンセプトに設計しただけに、そのブラケットが製造中止とは少々衝撃でしたね。
幸い、アールティさんの方で作って販売するというような話も聞いたので、可能な限り寸法が一致しているとありがたいところです。

製作状況については、ツイッターでちょこちょこ紹介はしています。





仮組も終わり、大体OKというところまで来たので、必要な修正を加えボディを再設計、DMMにプリントを依頼しました。

チロルボディ1

素材は値段が安かったナイロンを選択しましたが、特に強度も問題なさそうで、形も予定通りのものが来ました。

で、組み上げ。

チロル2017その1

チロル2017その2

配線に関してはまだやっていませんが、とりあえず全パーツ収まりました。
次は、配線をつなげて、動作確認ですね。
スポンサーサイト

久々にロボット設計

PCがのシステムドライブが壊れたり、タブレットの液晶が死んだりとガジェット関連が悲惨なことになっているのですが、とりあえずCAD環境も復活させ久々にロボットの設計中。

ロボット設計図2017

わんだほーで頂いた3Dプリント券の締め切りが近づいていたので、急いで設計しました。

プリント券

上の設計データを見てわかるとおり、作っているロボットはチロル。
短い時間で作れる+3Dプリントの強度でも問題ないということで選択しました。
上のデータだと整備性が皆無なので、実際にプリント依頼したデータはもう少し別の形になります。
アセンブリでは問題なかったので、とりあえずちゃんと組みあがるといいものです。
まずは次回のチロル大会目指して頑張ります。

第30回ROBO-ONE参加

ROBO-ONE30回集合写真


ROBO-ONEに参加してきました。
なんか、久々の出場でしたね。
調べてみるとLight9th以来の出場だったようです。
2年半、自分では気づきませんでしたが結構長い間休んでたようです。

とりあえず、エントリーはサイコロ一号でやりまして、lightではなく本戦に出場しました。
横攻撃しかできないサイコロではlightに出ても戦えないですし。

結果としては、予選アスリートでリングアウトし、予選敗退。
サイコロ一号のサイズではまずリングアウトというのはないのですが、今回は油断もありリングアウトという結果に。
予選突破できなかったことは特にくやしいものではありませんが、可能な限り長い時間サイコロをアピールするということができなかったのは残念です。
まぁ、ROBO-ONE出オチ勢として新ネタもないのに出場するなというネタの神様からの厳しい指導なのかもしれません。

さて、今回は関西での開催ということで遠征となりました。
ただ、同時期に受験や学会が重なっていたようで宿泊施設の確保が難しく、うじさんの合宿にお世話になりました。
自分は調整会場となっている広間に泊まりまして、皆さんは夜遅くまで調整を行っていたようですが、自分は耳栓をして早々と就寝。
自由奔放にやらせてもらいました。

実は今回、旅としてはROBO-ONEの前に名古屋に途中下車してSAOやヤマトを観たりと結構充実してて楽しい旅でした。
できれば、ROBO-ONEの後も一泊して神戸を楽しみたかったのですが、残念ながら仕事の都合もありそこまではできませんでした。
とはいえ、合宿もそんな旅の一つとして楽しみました。
まぁ、その調整を全くせず旅を楽しんだ結果がリングアウトですので、ロボットの方にも少し気合を入れろというべきかもしれません。

ROBO-ONE30回控え室

というわけで、今回の大会は自分は以上のような感じでした。
中々楽しい旅になったかと思います。

続きを読む

わんだほー参戦+できんのか!観戦(できんのか編)

すぐに続きを書くつもりが思ったよりも時間が経ってしまいました。

では、できんのか編です。

ちなみに、日程について書きますと、わんだほーが7月16日で東京で開催、できんのか!は7月17日に神岡で開催。
わんだほーの打ち上げ後、一度自宅に戻り、2時間程度の睡眠で、そのまま朝一の新幹線とワイドビューひだでマネーパワーを駆使し移動。
自動車で移動した方も何人かいたようですが、自分は電車で寝られることを優先し、公共交通機関を使用しました。
おかげで、電車とバスで飛騨神岡へ行くルートを開拓することができました。
電車やバスから見えた「山しかないっ!!」という景色は非常に面白かったです。

さて、できんのかですが、船津座という場所で行われたのですが、中のホールは満員御礼の状態。
非常に大人気でした。

内容も非常に盛り上がり、楽しかったです。
それぞれのロボットのキャラが生きていて、魅せられました。
さすが、ロボットプロレスラーです。

内容については動画が公開されていますから、気になる方は是非ともご覧になってください。





ロボット関係者の観客には自分のようにわんだほー後に東京から見に来た人もいれば、関西から馳せ参じた方もいたようですね。

サイコロ一号神岡できんのかリングに立つ
とりあえずちゃんと行ってきましたよという証拠画像です。

イベント後は、ロボットプロレスラーではないのに、しれっと打ち上げに参加。
BBQを美味しく頂きました。

急な日程でしたが、幸い止まる場所も当日取れて、次の日の飛騨神岡高校訪問にも行くことができました。

飛騨神岡高校訪問


急遽開催された関東インターリージョナル王座選手権にも参加。
サイコロ一号神岡高校リングに立つ
ロボットをもっていったかいがあったというもの。
対戦相手は関西四天王のヨゴローザ。
バトルの結果は……

サイコロ一号VSヨゴローザ

写真を見ての通りです。
ボッコボコにやられました(当たり前ですが)。
とはいえ、持ってきたロボットが役立ちよかったです。

急遽お邪魔した形にはなったのですが、迎え入れて頂いたできんのか!の方々、飛騨神岡高校の方々には感謝です。

帰りはもまた電車ですが、駅まではコバさんに送っていただき助かりました。

というわけで、わんだほー、そしてできんのか!という2大イベントに参加する強行スケジュールを果たしてきました。
やはりたまには無理するものですね。得るものが色々とありました。

無論、様々な方にお世話になりましたが、それについてはロボットでお返しできればとおもいます。

わんだほー、できんのか!、そして飛騨神岡高校の皆さん、楽しい時間を過ごさせて頂きどうもありがとうございました。

わんだほー参戦+できんのか!観戦(わんだほー編)

7月16日、17日に第13回わんだほーろぼっとか~にばるに参加しできんのか!27を観戦してきました。

13回わんだほー集合写真

開催場所はわんだほーが神奈川県川崎市、できんのか!が岐阜県飛騨市です。
連休一日目に大会参加して、次の日に飛騨にいるという。
車で移動する方々に新幹線とワイドビューひだというマネーパワーによる力技で対抗し驚かせてやろうという、ただその一点で行っただけなのですが、フェイスブックでネタバレされていたようであまり驚かれなくて残念でした。
とはいえ、二日間非常に楽しかったです。

さて、ではまずはわんだほーについて。

わんだほー1戦目はダッシュ2000
すでに何度も大会に出ているので、慣れたもので小学生相手に大人げなく勝利。
散在さんの記事では進路妨害とか書かれていますが、あれは先に行っていいですよと、邪魔にならないようその場でとどまっていただけです。
そうはいっても実際に進路上に邪魔になっていたじゃないかと言われても、一応オペレーターはそんな気持ちでしたよと言い訳を述べさせていただきます(笑)。

13回わんだほーサイコロ一号
この写真はファインマンさんの撮ったものを使わせて頂きました。

2戦目はボトルトラクション
最初5本行けるかなと思いましたが、1本抜き結局缶4本で。
大体この辺りの数値というのは覚えているのですが、毎回忘れるので試合途中で何本か抜くことに。
距離では負けましたが、本数計算でサイコロの勝利。
勝因は年季の違いでしょうかね。まぁ、その分機体はボロボロなのですけど。


3戦目はサイコロシュート
対戦相手はメカコーギー。
大きな足裏を持ち、面制圧能力の高い強敵です。
サイコロ一号は自爆点でも点が入りますが、とりあえず序盤はサイコロと一緒に大量得点を狙おうと画策。
ただ、途中で無理と分かり、サイコロを無視しゴールに突撃。
ただ、サイコロの左右の羽の1つが軸が外れたため変形が微妙にできませんでしたが、サービスで点をゲット。
なお、その後コーギーに順当に点を入れられ勝負に負けました。
そろそろ、本気仕様の全面6サイコロ一号を作らねばいけませんかね。


残す競技はキューブ
作戦としては、さくら2号がテルルの相手をして、サイコロは点数になるので、自軍の陣地で待機……の予定だったのですが、テルルが一直線に向かってきて逃げ場なくサイコロはリングアウト。
かわいい見た目と容赦ないオペレーターという恐ろしいロボットテルルの前にサイコロ一号ではなすすべもありませんでした。
とはいえ、さくら2号のその後の活躍というか、完全にさくら2号のおかげで試合は勝利できました。


そして、当然のごとく決勝トーナメントに行けなかったサイコロはランブルに。
大体いつもはネーデルガンダム戦法でサイコロに擬態しランブル終盤まで生き残るのですが。
キューブと同じくまたもテルルにロックオンされ脱落。
サイコロ一号ではテルルに勝てないのです。
その後、テルルは死に体のレイズナ―に攻撃を仕掛けたり相変わらずのかわいい見た目からの容赦のなさを見せつけランブル優勝をかっさらっていきました。

決勝トーナメントの優勝はもりけん
自分が応募しろと言って彼は参加したわけですので、優勝は自分のおかげと言っても過言ではないでしょう。
ですから、優勝賞品のゼータプラスも自分ので良いと思います。


というわけで、わんだほー楽しかったです。
学生さんも結構来ていて、こういうゆるい大会は新たな学生の発掘という意味でも続けていってほしいですね。
会場の関係で観客は少ないと最初は思っていたのですが、結構な数の方が見に来ており、やる気が出ました。
やっぱり、二足歩行ロボットはエンタメ重視なわけで、見ている人がいるとネタをやるかいがあるというものです。

では、今回はこのへんで。
次回はできんのか!編をお届けします。
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR