C92参加

C92ブース
毎回恒例になっていますが、コミケに参加してきました。

C92表紙
今までは、オリジナル作品を作っていましたが、今回は弐瓶勉作品の同人誌を作ってみました。
内容は、考察本ですね。
弐瓶勉作品が同一世界と仮定した場合どのような世界関係が考えられるのかという考察本を書きました。

C92論文1

C92論文2

とりあえず、論文っぽい見栄えというのを目指し、それに関連して執筆要領なども作成してみました。



東亜重工テクニカルレポート論文執筆要領 平成29年8月12日

壱(目的)
 この要領は,本レポートの表現方法を統一することで,レポートとして形式を整えるため,論文執筆の努力規定を定めるものである.

弐(論文の種類)
 本要領での論文は以下の3つの種類に分かれる.執筆者は各論文の最初のページにその種類を明記するものとする.
①論文:他の学会誌等に論文として提出できるもの.
②研究開発:自然法則を利用した技術的思想の高度な創作に関するもの.
③記事:①と②以外のもの.

参(句点と読点)
 句点は「.」,読点は「,」の全角を使用するものとする.

肆(タイトルと論文概要)
 論文の最初にはタイトルと概要を記載し,その英語訳を記載するものとする.

伍(見出し,見出し番号)
 見出し及び見出し番号はゴシック体で記載する.また,見出し番号は壱,弐,参……,次の位は(壱),(弐),(参)……,次の位は1,2,3……次の位は,(1),(2),(3)……,次の位はイ,ロ,ハ……,次の位は(イ),(ロ),(ハ)……と続けていくものとする.

陸(図,表)
 図はFigure.1,Figure.2......と,表はTable.1,Table.2......と続けていくものとする.

漆(著作権)
 投稿された論文の著作権は執筆者に帰属する.ただし,執筆者は明示の拒否しない限り以下の複製権の利用を許諾したものと推定する.
①レポート作成に関わる複製権の利用.
②レポート表紙,目次,論文タイトル(英語訳含む),論文概要(英語訳含む)の複製権の利用.

捌(公序良俗)
 公序良俗に反する内容を書いてはならない.

玖(その他)
その他,論文として必要な形式にて執筆を行うものとする.



好き勝手にルールを作れるのは楽しかったですね。
論文っぽくするために英語の概要ルールを作ったりしたわけですが、翻訳サイトをバリバリ使用させていただきました。
とりあえず、それっぽくなっていればいいです。

さて、今回は弐瓶勉同人誌ということで、いつもはSFや小説ジャンルだったところを、アフタヌーン系のジャンルへと変更したため、周囲の様子も変わりました。
基本的に女性向けの島に配置されまして、その中でSF考察本を売るという場違いな感じが……
とはいえ、ジャンル的には正しいので仕方はありません。
頒布しているものの、方向性は多少違えど、好きな作品は同じということで、お隣のブースとは弐瓶勉作品の話で色々とお話もでき楽しかったです。
SFや小説はオリジナル作品ということで、共通の好きな作品について語るというのが中々できなかったのですけど、このあたりは特定の二次創作作品を作っているこその楽しみかたかなと思います。

場違い感は多少あるとはいえ、また次回もやるのなら同じ作品のジャンルで配置された方が、共通の作品が好きな者同士が近くなりよいかなと思います。
BLAME!の映画もやりましたし、冬はもっと書いてくれるサークルが増えてくれるといいものです。
ちなみに、しれっと、過去に作ったオリジナル小説も置いていましたが、こちらは捌けず。
やはり、ジャンルを目的にしている方々が訪れるので、それとは関係のない作品はダメですかね。

それと今回、驚いたのが、今まで何度かお隣になっていたロボット秘密基地の面々がしれっと近くで売り子をやっていたことですね。
今回、落選したのかサークル名を見かけなかったのですけど、予想以上に近くにいて驚きました。

それでは、ブースに訪れてくれた皆さんどうもありがとうございました。
次回も弐瓶勉作品考察本予定で申し込みはしたのですが、実をいうとアイディアはまだ固まっていなかったりします。
はたして、新刊が出せるのかと少々心配なところもありますが、当選するかも今のところは未定ですからね。
とりあえず、当選してから考えようと思います。
スポンサーサイト

第40回鳥人間コンテスト観てきました。

鳥人間コンテスト観てきました。

第40回鳥人間マップ

とりあえず、暑かったです。
巨大モニター近くで解説も聞きやすい大観覧席にいたのですが、屋根もないためきつかったですね。
観に行こうと思ってる方は、そこそこの覚悟と体力と準備を備えてみる必要があるかと思います。
というか、二日目のディスタンス部門に至っては、かなりの長時間ですからね。
自分の泊まっていたホテルからでは、始発に乗っても最初のフライトに間に合わなかったぐらい早かったですし。
そのぐらい早く始めないと、すべての機体が飛び立てないということでしょうね。
(ただ、今回の大会は朝に雨が降ったようで、スタートの時間が遅れていたようです。その結果、最後の日大はシャトルバスの時間が間に合わず、自分は観れず。TVを見ると夕日に向かって飛び立っていたようです。)


以下感想

第40回鳥人間スケジュール

続きを読む

第14回わんだほー

わんだほーろぼっとか~にばるに出場。

第14回わんだほー集合


今回は、チロルロボットで出場しました。
ツイッターで色々と情報出していたので、周知のものかと思っていましたが、意外と皆さん知らなかったようで、注目されてうれしかったです。







さて、大会の様子はせっかく動画があるので、そちらにおまかせ。

ダッシュ2000
足は実は上げておらず、滑らせているだけなのですが、そこそこのタイムが出ました。

ボトルトラクション
いつもなら、動かし始めてからいくらか減らしていくという作戦も考えるのですが、今回はためしにやったら1本以上は無理そうだったので、1本で挑戦。
ちゃんと動かせてよかったです。

サイコロシュート
わんだほーには各色の画用紙を持っていくのが常識。
控室で外装を工作していました。



キューブ
わんだほーには各色の画用紙を持っていくのが常識。(二度目)

第14回わんだほー工作

引き分けに持ち込んだという、一番活躍した試合でした。
外装がはずれたものの、神の手で復活させていただきました。

ランブル
とりあえず、ネーデルガンダム戦法で生き残ろうとしましたが、途中で目をつけられてアウト。
重量級に踏みつぶされるのが怖かったので、変形状態で防御していましたが、実を言うと構造上、通常状態でもそこそこ耐えられたのではと今さらながらに思っています。


というわけで、チロルでわんだほーに出場してきました。
結果はまぁ、言わずもがな最下位ではありますが、皆さんに喜んでいただけたかなと思います。
出オチ勢として役割は果たしました。

塾での開催ということで、こんなロボットもいてもいいんだよと、子供たちにロボットは自由だということが伝わればよいです。
機体の自由度の高さはわんだほーの素晴らしいところ。
また、来年も参加したいですね。

そして、近々プラレス大会も開催とのことなので、皆さんそちらも是非ともどうぞ。

コミケ92当選

発表自体は結構前にされていましたが、コミケ当選してました。

場所は土曜日東パ12a

C92サークルカット

今回はサークルカットから分かるとおり、シドニアの騎士やBLAME!といった弐瓶勉作品の考察本を書く予定です。
記事は、知人の研究者にもひとつお願いしていたのですが、諸事情でできなくなったため、自分ひとり分だけかなという予定。

とりあえず、時間がありましたら、コミケ二日目にガル書きブースへどうぞ。




クロックワークなループタイ

毎度の月一更新。

ロボット方面は進捗がないのですが、以前から作りたいと思っていた機械式時計を使ったループタイを作ってみました。



リューズは取っているため手巻きはできませんが、分銅を生かしているので自動巻き機能でゼンマイを巻き、ちゃんと歯車が動きます。
歯車が動いている様子はメカ好きにはオススメです。

作り方は、

①時計を分解してリューズを抜く。
機械式ループタイ1

②針を抜き、強力両面テープを付ける。
機械式ループタイ2

③ループタイの金具をつける。
機械式ループタイ3

④紐を通して完成。
機械式ループタイ4

と比較的簡単に出来ます。
まぁ、分解工具を用意するのが、最寄りの店では売っていなかったので、通販を利用したりとそちらの方が手間取りましたかね。
基底現実主義の自分としては、あまり通販を利用したくないのですけど、今回は見つからなかったのでネット通販を最大利用しました。

ちなみに、工程は簡単ですが、①のリューズを抜く際には、油断するとゼンマイを巻けなくなる状態になるため、素人は失敗覚悟で時計2個ぐらいを最初から用意しておいた方がいいかも知れません。
簡単に作れますが、製作中簡単に壊す可能性があることはご留意を。
実際、自分も1つ目は失敗して自動巻き機能がゼンマイを巻けなくなりました。

今回は4000円ぐらいの時計を使いましたが、別の価格帯の時計を買えばまた違ったデザインになると思います。
ただ、価格が高くなればなるほど、失敗した時のダメージが大きいのが難ですね。
カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR