FC2ブログ

第18回ニソコン参加

第18回ニソコンに参加してきました。



毎年2回やっていることもあり、ナンバリングが凄いですね。
ちなみに、2009年が最初の開催なので、ナンバリング的にはもう少し先に行ってもよいのですが、このズレは昔ナンバリングをニソコンとニソコンminiで分けていたことからなのでしょう。

というわけで、ニソコンです。
前回の10月開催と同じく、軽王丸で出場。
ただ、前回大会と比べ、中部勢の参加や社会人勢が結構出てきてそこそこにぎやかに。
やっぱり、6月大会で認定大会になって多少知名度が増えましたかね。
今回も認定大会だったら良かったのですけど。

さて、自分の競技はアスリートは、最初操縦の勘を取り戻すことができず右左逆に入力したりと手間取りましたが、まぁなんとゴールまで行けました。
バトルはガルーと勝負。そして、敗北。
うん、順当な結果です。
ちなみに、人気投票もやっており、その結果は3位で驚きました。
負けてからは特にアピールもせず、チロル一号で遊んでただけなのですが、写真写りが良かったのか思ったよりも票を集めたようです。

その後は観戦モード。やはり面白かったのはわだつみ。

足についたベアリングで相手の攻撃を受け流すのはとても見ていて面白かったです。
ロボワンの時にはここまで作りこまれていなかったですが、ニソコン前日の練習会でモーション調整したかいがあったのか、ニソコン当日は柳のごとく攻撃を受け流していました。

パイルバンカーもあり、わだつみのギミックは面白くていいですね。

優勝はバトルとアスリートで圧倒的なex machina、ROBO-ONEランキング2位のSperanzaを彷彿とさせるような攻撃と安定した動きでどんどん勝ち進んでいきました。
3mm厚に2mmタップを掘り、それらを組み合わせ板金なしの高い精度の部品など、モーションもそうですが、機体も剛性高く良くできたロボットでした。

後は、人気投票一位の赤風もよかったですね。
鎧のボディとカッコいいモーションは、子供たちに人気を博したようです。

周辺の住民がよく見に来るためか、ニソコンは子供多めの観客になるので、反応も楽しくていいですね。

というわけで、ニソコン参加。
前回と同じく、司会がちゃんとしていてよかったです。
審判はもう少ししっかりしていてくれてもよかったですが、まぁそれは外注で解決できますし……ライセンス持ってるから自分が審判しても良いのですよ。

それでは、運営の皆さん、参加者の方々お疲れさまでした。
ニソコン18回
スポンサーサイト



バンナムフェス

10月19、20日にバンダイナムコエンターテインメントフェスティバルに行ってきました。



オケやコンサートはいったことがあるのですけど、ライブは今回が初でした。




さて、初のライブだったわけですが、友人からは周りに合わせてペンライトを振っていれば良いといわれ、大体そんな感じで、可能だったらコールもするということをしていました。
とはいえ、それでも非常に楽しかったです。

オケやコンサートが音を楽しむものだとすると、ライブは空間を楽しむものですね。
そして、東京ドームというのはその空間作成にはかなり適しているように感じました。

周りを見渡すと圧倒的な数のペンライトの光。
それが音に合わせて一体となって動く。
そして、その一体となった光の一部に自分がなっているという一体感によって生まれる高揚感、幸福感。
一体感は集団が大きければ大きいほど一体感も大きくなるため東京ドームの高い収容能力役立ち、また光が映える暗闇を容易に作れるドームという性質も空間づくりに役立っていました。

……とまぁ、なんか書きましたが、とにかく光が映える暗闇と圧倒的収容能力から来るペンライトの数により作り出される空間は非常に綺麗だったということです。
360度見渡すと周囲は凄い密度で光に埋まってるわけで、可能だったら360度カメラで撮影をしたかったところでした。
後は、レーザーとかの演出もすごかったですね。
ライブのイメージ映像そのままに光が自分の上空を飛び交うのは、CGじゃなくて現実でもこんなものを目で見ることが出きるのかと驚きました。

というわけで、初めてのライブでしたが、非常に楽しい空間を楽しめました。
東京ドーム凄かったです。


続きを読む

第19回ROBO-ONE Light参加・第35回ROBO-ONE観戦

ROBO-ONEに行ってきました。

robo-one35

自分が参加したのは、Light
床演技になった本戦も参加したかったところではあったのですけど、新機体の作成が間に合わず断念。
こちらは次回に参加を目指したいです。

Lightについては、結果は予選落ち。
今回もLightは予選があり、コースは多少障害物はあったものの、KHRならば一回こけて起き上がれば問題ない範囲で、大体30秒で突破できそうというものでした。
ただ、自分の場合一回こけてから前進モーションの調子が悪くなり、最終的に後進でゴール。
状況判断に時間がかかり、50秒ぐらいという結果に。
35秒ぐらいが足切りラインだったので予選落ちになりました。

まぁ、モーション調整もせずに、ぶっつけ本番でしたからこんなもんかなと。
個人的には、できればLightは予選なしで初心者にバトルを楽しんでもらいたいところではあるのですけど、変な自作機を排除するためにやむを得ないところもあるのでしょうか。
もう市販機オンリーと自作機オンリーで分ける方が良いかもしれません。

続きを読む

C96参加

毎度の月一更新。

C96に参加してきました。



お品書きはこんな感じ。



タイトルは「超科学省魔法局術式魔法部術式魔法振興課超科学学園都市出張所職員 益巣虎子の一日」。
相変わらず長いタイトルとかが大好きでこんな感じになりました。
コミケの入力フォームとかで文字数制限がかかって、全部は入力できなかったですから、なかなかの長さです。

この作品は、ぶっちゃけ当初予定していた異能バトルものが、思ったよりもネタが思い浮かばず、じゃあ4ページぐらいの日常ものと考えて書き始めたものです。
しかし、書いてみると意外と面白く一万文字ぐらいのちょっとしたSSになりました。
そんな経緯の作品なので、当初は表紙も何もない予定だったのですが、急な依頼にも関わらず表紙を書いてくれた絵師様に感謝です。

個人的には面白いと思う作品ですが、頒布数はそこまで振るわなかったですね。
このあたりは、前回評論ジャンルで出た時とのギャップが大きかった感じです。
ジャンルの強さの差を実感しましたね。
小説ジャンルは一見さんが手を出しにくいものですから、どれだけ固定層を作れるかが大事なのですが、そのあたりの宣伝をあまりしてなかったところが出た感じです。

頒布数を増やすためにはネットで小説活動をちゃんとやらねば。
ロボット活動とか明後日の方向過ぎて、小説界隈には中々届きにくいですし。

趣味でやってるので、頒布数に関係なくやる気があれば打ち切りとかそういうのはないはずなのですが、「俺はただ自分な作品を生み出すマシーンだ」というように無限にやる気があるわけでもなく、頒布数が少ないとやる気も薄れていきますからね。
人間の面倒な仕様です。

というわけで、今回の作品はどこかで公開する予定です。
なろうかpixivのどちらかですかね。
冬も同じ世界観でもう少し長めの作品を出すつもりなので、冬の時には頒布数が増えていると嬉しいものです。


自分達の作品についてはこのへんで、後はコミケについて。

とりあえず、「南館には人権があった」ですね。
西に配置されたことが非常に悔しかったです。
あの人権を、西と東にも今後広げていってほしいものです。

後は、南館入口近くにあるエスカレーターが上下移動に便利でした。
屋外スロープが混雑しているため西館を回って南館経由で西館4階に上がってくださいと言われるなど、基本西館での直接の上下移動は難しく、南館を経由した方が早いという感じでしたね。

次回の開催でも、同じ移動ルートが使えるかは分かりませんが、南館入口近くのエスカレーターは覚えておいてもよさそうです。
自分もコミケ一週間前にMFTに行って、予習してきたためこのエスカレーターの存在を事前に知っていましたが、知らなかったら結構苦戦したかもしれません。

後印象的だったのは、やはり暑さですね。
年々暑くなっていますし、次の夏はなく5月開催というのは多少ありがたいところです。

今回はサークル参加日である3日目以外にも2日目と4日目にも観に行きました。
といっても、入場規制解除後の昼頃で緩い参加です。
戦利品は弐瓶勉関連と技術関連をちょっと。
カバネリ狙いで企業ブースも行きましたが、そちらは無理でした。昼から参加の人間には企業ブースは中々難しいものです。


というわけで、雑多に書いていきましたがC96はこんな感じでした。
暑い中皆さんお疲れ様でした。
自分も中々つらかったところもありましたが、南館の人権を実感できたりと、楽しかったです。
では、次回もサークル参加できた時にはよろしくお願いします。

第16回わんだほーろぼっとかーにばる参加

月一更新

わんだほーろぼっとかーにばるに参加してきました。

ロボット自体は、直近のROBO-ONEでの軽王丸。
モーションもそのままで突撃。
気楽に参加できるのが、わんだほーのいいところです。

試合の様子は動画をどうぞ。

続きを読む

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR