C93参加

C93に参加してきました。

当日YOGABOOK持っていくのを忘れてしまい、当日の写真はないのですが、とりあえず新刊が完売してよかったです。

当初は1人で売り子をやっていたのですが、さすがにきつかったので友人に応援を出しました。
いや~偶然友人がお台場に来ていたようで助かりました(笑)。

ちなみに、シャッターの真ん前で風やらが吹き込んで、中々の寒さでした。

C93表紙

今回の新刊は、と同じく弐瓶勉作品の同人誌。
とはいっても、今回書いたのは、夏出した作品の続報という形ですね。
夏に書いた本について、冬までの間に新たな情報が追加されたため、それについて追記しました。

内容自体も新しいところはそうないので、コピー本で作りました。
冊数もそんなに作らなかったのですけど、思ったよりも捌けて先に書いたとおり完売。

なんか、外国の方も買っていただいたようで、論文概要は英語にしたかいがありました。
次回はいつですかと聞かれ、友人はnext summerと答えたようですが、おそらく次回は弐瓶勉本ではなく、オリジナルで出す予定なので、弐瓶勉本の続きは少々お待ちいただくことになりますかね。


さて、今回も弐瓶勉作品の同人誌を書いたわけですが、今回は映画のおかげか、結構弐瓶勉作品の同人誌を書く方が増えてうれしかったです。

では、以下の弐瓶勉本の戦利品を紹介。

C93戦利品3

では、左から順に紹介。
自分のブース近くの弐瓶勉関連の本です。

・トガモリ:3nz

人形の国の前日譚を書いた小説です。
魅せる文章力と物語に描写されていないところを補完する構成がすばらしい作品。
読めば確かにこういう話があったんだろうなと、思わせてくれる作品で、人形の国全体の凍りついた世界のイメージがそのまま文に乗せられたような表現は見事でした。
こういう作品に描かれていない隙間を埋めるような同人誌というのは、設定とかに矛盾がないようにもしなくてはいけませんし、書ける方は本当にすごいなと思います。
自分の場合、設定やキャラの表現とかの不安もあり、同人誌を書くとしても世界を別にしてキャラだけ借りる、みたいなことしか今のところできないですからね。
キャラや設定を破たんさせず、世界観を生かし書かれた良い作品です。


・仮想作出構造録:清汁屋

うちのブースの隣のサークルさんの本です。
複数の絵師さんによるBLAME!作品のイラスト・マンガ集。
こんなに弐瓶勉作品を描く絵師さんがいたんだと、うれしくなる本です。
BLAME!のイラストを描く人がこんなに現れただけで映画化のかいがあったというものですよ。
絵もうまく、ポスターを見た方から弐瓶勉ご本人なんですか?と聞かれたりしました(当初、本の配送が間に合ってなかったらしく、人がいなかったので隣のブースのうちに質問が来ました)。
ネタもにBLAME!好きには刺さるところがいくつもあり、また弐瓶勉本を書いていただきたいですね。


・そうは問屋がODYSSEY:絶対1番

ボトムズ、BLAME!、シドニアの騎士のクロスオーバーしたパロディ同人誌。
確かに、ボトムズの世界の荒廃感と弐瓶勉の世界は相性結構いいですよね。
終末世界系のネタは最近でもいくつかありますが、ボトムズを選ぶ辺りがむせますね。
とりあえず、「霧亥の食う都市構造体のシャキサクは苦い」というフレーズが思わず浮かんでしまうクロスオーバー。
ネタばれに配慮しつつ?キリコがツッコミ役で展開されるギャグは、同人誌だからこそできる作品です。
こちらのサークルさんは弐瓶勉作品の同人誌を前から描いており、本当に弐瓶勉好きとしては続けてくれてありがとうと言いたいです。
今後も、弐瓶勉作品の同人誌を続けていっていただきたいです。


というわけで、C93はこんな感じでした。
シャッター近くで結構寒かったですが、新刊完売しましたし、弐瓶勉作品の同人誌に色々巡り合え楽しかったです。

気づけば、C94の申し込みも始まっていますし、次回の準備をしなければ。
一応、次回はオリジナルでファンタジーを書いてみようかと思っています。
SF描いているとき、頭使いすぎて疲れたので、ファンタジーはもう少し気軽に書けるとよいのですけど、どうなるやら。

それと、しれっと2/11のコミティア123にも参加予定です。
出すものは、コミケの既刊を出すので目新しいものはないかもしれませんが、興味のある方はどうぞ。

それでは、ブースに来ていただいた方どうもありがとうございました。
スポンサーサイト

2017年総括

勝った……!!コチラの12/29の記事参照)


それでは、毎年恒例の総括です。

最初に書いたように、今年は何故かとにかく映画をたくさん観ましたね。

大学の授業が平日4日あって、唯一余った1日を「授業ないなら映画観れるな」とかやっていたせいでしょうか。
とはいえ、51回映画館に行っても、観たいものをすべて見たわけではないというのが、なんとも言えませんね。

今年は、アメコミ系が良かったですね。「ドクターストレンジ」に始まり「ガーディアンズオブギャラクシー」「スパイダーマン」「ワンダーウーマン」「マイティーソー」「ジャスティスリーグ」と楽しませていただきました。
また、「メッセージ」「パッセンジャー」「KUBO」なども単発作品も粒ぞろいでした。
ただ、ロボ好きとしては機械仕掛けの少女ものとして完成度が際立っていた「ノーゲームノーライフゼロ」を推したいですね。
機械仕掛けの少女ものが好きな方には是非見ていただきたいです。

ロボ関連では、チロルチョコロボットを作ったのが、今年の唯一の成果でしょうか。

2017年統括チロル

ちょっと成果としては小さいかなとは思いますが、とはいえ、3Dプリンタでの設計はこの機体を作ったことでちょっとわかったかなと思います。

同人関連は、今年は弐瓶勉作品の同人誌を作ってみました。






冬に新刊が完売するとは驚きました。
BLAME映画化の波がじわじわと来ていますかね。
なお、東亜重工テクニカルレポートは次回は休憩させて、オリジナル作品を出す予定です。
しれっと、2/11のコミティアにも申し込みしてますので、そちらもどうぞ。

その他、鳥人間コンテストもすごかったです。
特に40km達成のその瞬間に立ち会えたのは良かったです。
湖の向こうから戻ってくる飛行機の姿が見えた時の感動は何とも言えなかったです。
このまま、どんどん距離を伸ばしダイダロス超えを目指してほしいです。

後は、ガジェット関連をちょこちょこ買ったのが楽しかったです。
yoga bookは性能はともかく、光るキーボードなど中々楽しいですし、超短焦点プロジェクターも使い方次第では面白そうなので色々試してみたいですね。


今年も、あまり進展はなかったとはいえ映画、ロボ、同人と少しではありますが、まだ成果を出せて良かったです。
とりあえず、継続は力なりということで、少しずつでも前に進んでいこうともいます。

それでは、皆さん今年もお世話になりました。
2018年もよろしくお願いします。

では、よいお年をお迎えください。

コミケ93とか色々

C93ブース番号

コミックマーケット93に出展します。

日にちは二日目ですので、12/30でブースは東7ホールの東し25a。
ようするにこの記事の更新日の次の日ですね。
コピー本なので、締め切り余裕かなと思っていたのですが、
結局こんなギリギリになってしまいました。

以下がお品書きです。

C93お品書きビック

(12/31追記)
すいません、お品書きで東亜重工テクニカルレポートはオリジナル」SFではありませんでした。
会場で気づき、現地で修正。
間違った情報を書いてしまい申し訳ありませんでした。

C93お品書き訂正
(追記終了)

今回は、コピー本。
C93コピー本


ネタは、前回と同じく弐瓶勉世界統一理論。
前回の発表の後、連載中の人形の国でまた新たな発見があったため、理論の修正を行っています。
隣接ブースも弐瓶勉関連作品ですので、弐瓶勉作品がお好きな方はどうぞお越しください。


それと、今回のコミケとは違いますが、
2/11に開催されるコミティア123にも申し込みをしました。

CMT123サークルカット
以前出した、オリジナルSF小説を頒布する予定です。
お時間ありましたら、コミティア123の方にもどうぞお越しください。

2017年観た映画リスト

(11/20:ブレイブストーム追加)
(11/29:機動戦士ガンダム Twilight AXIS & 機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER、GODZILLA 怪獣惑星、ジャスティス・リーグ、シンクロナイズドモンスター追加)
(12/29:KUBO/クボ 二本の弦の秘密、実写映画『鋼の錬金術師』、ガールズ&パンツァー最終章第1話追加)

映画観た数で負けないぞ、と宣戦布告を受けましたので、2017年に観た映画をリストアップ。
随時更新予定です。

続きを読む

ガジェット諸々

月一更新

今回は、ここ一年ぐらいで買ったガジェットを色々紹介します。

YOGABOOK
YOGABOOK
発売から一年いつの間にか経っていました。
Libretto w100の後継機が出そうになかったので、その代わりとして購入したものです。
librettoとyogabook1

librettoとyogabook2

Libretto w100の代わりのものなので、選ぶ基準は「面白そうなもの」。
タッチキーボード+ペンタブ機能というイロモノ具合で購入決定しました。
気になる性能ですが、持っていくとそこそこ興味は引くものの、他の人が持っているのは見たことがない、という事実からお察しください。
基本、自分も他人にオススメしようとは思いません。
使ってみてどう?と聞かれることもありますが、普通に性能の良いモバイルPCの方をお勧めしています。
とりあえず、光るタッチキーボードで入力という未来感があれば後は何も要らないという方ぐらいしかお勧めはしません。しかし、そんな人はもう買っているでしょう。

・使い勝手
すでにボロクソ書いてはいますが、とはいえこんなもんかと納得すれば、windowsタブレットとしては結構許せます。
(1)フルフラットキーボード
まず、良いところはキーボード部分がフルフラットなので、タブレットモードでも裏側がデコボコしないことですね。
360°回転タイプの2in1PCは、タブレットモードではキーボード部分のデコボコが気になるところですが、その欠点がないのは良いです。
無論、代わりにキーボード入力の快適性が失われていますが、yogabookを買った時点で明白な事実ですから(一応、振動フィードバックもあって、そこまで悪い感じはしませんが、物理キーボードと比べれば当然劣ります)。

(2)バッテリー
一番いいところとも言えるのはバッテリーの持ちです。libretto w100の実働1時間からyogabookの実働8時間はホントに世界がガラリと変わりました。
今までは残り何十分の世界が、残り10時間とか出るわけです。
もう無限に使えるのではと思えます。
事実、泊りのない通常の外出時には充電用のケーブルを持ち運んでいません。
また、充電がmicroUSBで出来るため外で充電ケーブルの調達がしやすいのも良いところです。ただし、そのせいで充電中はUSB機器を使えないという欠点もあります。

(3)マシンスペック
マシンパワーは低いので、多少フリーズが多い感じがします。
スペックを見れば覚悟はできますし、それによってバッテリーの持ちの良さがあるので我慢するしかないものでしょう。
プロジェクター接続で、2画面ではなくクローン表示の場合、ギリギリで動画が映せる性能。
とりあえず、軽い作業用ということは認識しておくべきです。

(4)ソフトウェア
これはyogabookというよりはwindows10の話です。
一応、タブレットでもあるyogabookですが、アンドロイド等で使えるアプリのほとんどは使えません。
ゲームはまずできないと考えていいです。
広告で流れてくるアプリがことごとくできないので、世の中からターゲットとして無視される感覚を楽しめます。
今のところ使っているアプリはLINEとtwitterですね。
LINEはアンドロイドのものと違いがよくわかりませんが、twitterは結構良いです。
まず、アイコンが丸くなく四角です。
そして、広告が出ません。
最近yogabookを修理に出したので、デスクトップでツイッターをしたのですが、広告というものを久しぶりに見ました。
ただ、そのうちアップデートで改悪される可能性はあります。
後は、無料で使えるoffice mobileが入ってます。
廉価版なので、有料版と比べると2窓起動できないなど問題もありますが、ないよりはマシかと。

(5)その他
ペン入力については、絵を書かない以上何も言えません。
ペンタブ使うのも初めてですしね。
ただ、ついていると楽しい機能ではあります。
microSDXCカードが使えるので、128Gのものを入れています。
SDXC128G

Yogabookが64Gですから、フルでバックアップできます。
今のところ、容量不足は感じません。

(6)故障
使用10か月ぐらいで液晶が映らなくなりました。
液晶が360°回転する製品の仕様上壊れやすいところなのかもという心配が若干あります。
とりあえず、また1年ほど様子を見ようと思います。



続きを読む

カウンター
プロフィール

ガル

Author:ガル
役職:超二足

製作したロボット
VARIANT-A
VARIANT-B
サイコロ一号
サイコログレート
サイコロ二号
ダンボー

pixiv:15306790

ツイッター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR